廃車扱いの事故車でも売れる、おすすめの方法を徹底的に掘り下げて解説

更新日:2018年01月16日
車をぶつけてしまって悲しむ人

事故車って売れるんだ!というのは、管理人も車を売ることが決まっていろいろ調べていった結果で分かったこと。事故車のみならず、廃車扱いの乗れなくなった車でも、たとえ水没した車だろうと売ることが可能。

昔と違って、今は「こんなに高く買い取ってもらえるんだ!」ということがわかったので、事故車の買取について徹底的に深掘りしてまとめてみました!



    廃車費用は意外と掛かる

    まず、仮に事故を起こして廃車にする場合、下記の料金が掛かることになります。

    廃車にかかる費用

    項目 費用

    引き取り(レッカー)料

    5,000円〜10,000円※1

    解体費用

    10,000円〜20,000円

    リサイクル料金

    軽80,000円

    普10,000円

    外車20,000円※2

    登録抹消費用

    2,000円〜10,000円※3

    合計

    10,000〜60,000円

    ※1:自分で持ち込む場合は無料
    ※2:平成17年度以降の購入車でリサイクル料金を払っている場合は掛からない
    ※3:行政書士にお願いする場合

    できるだけ自分で動いて面倒な手続きも自分で行ったとして、ざっと最低でも1万円くらいはかかることに(ただし、車検が1ヶ月以上残っている場合は自動車重量税の還付があり)。

    すごくもったいない。


    修理代が相当掛かるしもう廃車にしよう、とか、もういっそのこと乗り換えようと思ってるなら、廃車じゃなくて、売りましょう。売れますので!

    あなたの心の声

    (´-`).。oO(でも、売るって言っても数万とか二束三文にしかならないんでしょ・・・?)

    いやいやいや、全然そんなことないです。

    私だって物凄いびっくりしたんだから、本当に。下記を見れば常識がひっくり返りますよ。


    ええー!事故車・廃車でもめちゃめちゃ高く売れてるよ!

    まあみてください、これ。

    事故車、廃車扱いの買取事例

    2015年4月エルグランド
    エルグランド
    2013年1月ハイエース
    ハイエース
    2015年7月フィットハイブリッド
    フィットハイブリッド
    2014年8月セレナ
    セレナ
    2015年8月ヴォクシー
    ヴォクシー
    2015年1月プリウス
    プリウス

    これやばくないですか?

    まさに想像以上!事故車専門、廃車専門の買取業者に売れば驚くほどの高額買取になる可能性がグンと上がるんですよ。


    高く売りたいなら事故車買取専門店の選択肢一択で

    さすがに予想外の金額だったんですが、これ実際の買取データなので疑いようが無いです。

    ほかにも沢山事例があるので、一度公式HPで確認してみてください。

    年間5万台の買取実績がある事故車買取専門店の「TAU(タウ)」。日本では使い物にならない廃車扱いな車でも、世界では売れちゃうという、世界の常識は日本の非常識を形にしちゃった会社。色々調べた中でこの会社の実績が群を抜いてました。

    事故車専門の買取サービス「タウ」公式HP



    豆知識:そもそも事故車という概念はなく修復歴の有無

    事故車の正式な認識は「修理歴があるかどうか」ということ。中古車査定の場合には、事故車という項目はなく「修復歴の有無」が見られます。

    つまり、車の主要部分を修理したり交換したりしたことがあるかどうか?が問われるわけです。

    ではその主要部分とはどこか?これは日本自動車査定協議会が「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」 と定義しています(ちょっと難しいのでこの辺で)。

    その一方で、例えばこすったりぶつけたりして板金をした、塗装をした、交換した、という場合は修復歴があるとは表示されません。


    なんで高く買取できるのか?その秘密は海外にあった

    ボロボロのアメ車の写真

    こんな車でも普通に乗ってる。


    例えばアメリカって車検が無い、というのは聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

    よく映画などで、見るからにボロボロでホコリまみれの「いつから乗ってるの?」的な車に乗ってるシーンとか出てきますよね。実際にアメリカでは、カリフォルニア、ニューヨーク、ニュージャージ州以外は車検制度が存在しません。つまり、車を所有するに当たって、整備費用がほとんど掛からない。

    また中国も全く車検制度なし(ただし台湾は3年で一回、以後毎年)。タイもブラジルもフィリピンも車検はなし。マレーシアは商用車のみ。

    もちろん車検がある国もあるけど、やはり法的に一番厳しくてキッチリしているのは日本。

    輸出される車の写真

    だから、日本車って新車はもちろん、中古車でも事故車でも、廃車扱いでも、修理さえしちゃえば、結構高く売れちゃうという事情があります。

    つまり、事故車として買い取られた車を海外に輸出する手段とノウハウさえ持っていれば、結構儲かっちゃうんですよ、業者さんは。

    先に紹介した事故車買取専門店「TAU(タウ」さんは、公式HPにも書いてある通り、世界100カ国以上に対しての販売ネットワークを持ってるために、あんな高額買取が実現していることが容易に推測できます。

    高性能の日本車は壊れていても海外では大人気なため、買い手がすぐ見つかります。

    当社が誇る販売ネットワークで、お客様のお車を必要としている国を見つけることができます。国によって人気車種も異なるため、当社スタッフが車種を見極めて販売先と優位に交渉。だから高く買取ることができます。

    引用元:タウ公式HP http://www.tau-reuse.com/

    ※注意:ただし、タウさんならなんでも高額買取!というと全然そういうわけではありません!詳しくは文末で……


    事故車を買い取って貰う場合の相場やデメリットは?

    一昔前までは、事故車は査定価格が下がる、売りにくい、というのが最大のデメリットと言われてきました。もちろん、事故車じゃない車のほうが今でも高く売れるのは間違いなし。

    どれくらい下がるか?買取相場はどれくらなんだ?と言われればそれはもう市場の状況や状態によりけりなので一概に定義付けはできません。

    けれども、上記のように国際的な流通が発達した今、少しでも安くなるなら事故車でも欲しい!と両手を挙げて受け入れてくれる国々にすんなり売却できるようになりました。

    買取先が見つかった以上、デメリットはますます小さくなってきており、ユーザー自身の手間を省けば大きなデメリットは見当たりません。ホント、いい時代になったものです。

    事故車買取の口コミ体験談

    専門店なら値段付けて買ってくれますよ



    事故車でも14万円で買い取ってもらえました。



    査定が落ちるのは派手な事故をした時くらいです。





    走行不能状態でも部品やパーツはお金になる

    レアメタルが使われている機材のイラスト

    話題のレアメタル!


    いくら海外では売れると言っても、修理費が売却代金を上回ってしまう場合は業者の損になるため、当然輸出したりはしません。それでも買取業者はお金を払って買い取る場合が多い。

    ではなぜ買い取るかと言えば、車のあちこちの部品やパーツ、たとえばバンパーやボンネット、タイヤやバッテリー、はてはガラスなどこれらは業者にとっては品物になるため。

    古い車になると、メーカーに在庫がなかったりするので、逆に価値が上がったりする場合もあるようです。

    また、車で使われている素材もお宝グッズ。ボディ自体を鉄やアルミに分別してリサイクルできたりもします。

    レアメタルが価値が高い!という話は聞いたことがあるかもしれません。これは廃品回収屋さんが成り立っている理由で、パソコンなどの家電製品に使われているレアメタルやレアアースは高く売ることが可能となるわけです。

    最近ではハイブリッド(HV)車の専用モーター等に使用される高性能磁石にレアメタルが使われていることも話題になり、中国と少し揉めていたニュースも取り上げられていましたね。

    オプション品が無事なら個人売却もあり。ただし・・・

    カーナビやオーディオなど高価な社外オプションがついている場合は、個人でオークションに出品したり、個人間で売ったり、買取店で売却することも可能。

    ただしこれは外す作業が出てくるため、その技術と労力が必要になるというデメリットがあるため、あまり一般向けではありませんね。


    【注意点】事故車ならなんでも売れるわけではない!

    ここまで書いてきてアレなんですが、タウさんで売れば万事解決か、と言うと実はそういうわけではありません。

    タウさんが高価買取してくれるのは、あくまでも「走る車」。エンジンまで逝かれて走れなくなった車を修理して、エンジン載せ替えて・・・なんてやっても確実に儲からないことは容易に想像できます。

    つまり、廃車同然になった車はタウさんでは高額買取しづらいのです。

    なんだかんだ言っても、事故車は事故車ですからね・・・


    おすすめの事故車売却方法はダブル査定

    事故車なのか廃車なのか、高く売れるのかどうなのかも全然分からないし、とにかく引き取ってもらって最大限高く売れたらそれでいいよ!!というのが一番の本音です。

    タウさんに査定の申込みをするのはもちろん良いですが、タウさんが必ずしも高価買取してくれるかの保証はないため、念には念を入れて通常の車一括査定も使っておくのがベスト。

    つまり、タウさんと一括査定とダブルで活用させてもらって一番高い査定額を付けてくれたところで売却したらいいわけです。

    一括査定で実際に査定しに来る業者はガリバーやカーチス、アップルなど名だたる大手企業が中心。当然海外にも販路を持っていますし、廃車同然の車でも全然値段を付けて買い取っている実績も多数あります。

    結論としては、

    タウで査定申し込みする

    一括査定でも申し込みをする


    これが一番高く売れる可能性を上げるおすすめ方法。
    ただし、もう面倒くさいし!という場合はどちらか一つでも構いません。あくまで確率を最大限に高めたい場合のみ、ダブル査定を受けると良いでしょう。

    ダブル査定って言っても、タウさんが1社増えるだけですので・・・。

    一押しは「事故車買取のカービュー」
    一括査定を使うなら、我が家でも0円査定を52万円にまで上げてくれた「ズバット車買取比較」をおすすめしたいところですが、一括査定の中でも事故車専門の一括査定があります。

    カービュー公式

    登録業者数と運営歴が業界中一番長いカービューの事故車買取専門サービス。

    他の一括査定と同様、利用はもちろんお金がかからず使えるので、事故車の売却ならここだけは押さえておきたい一括査定サービス。

    カービュー公式HP



    どうやってもコレは買い取り無理だろう…という場合は

    ハイシャル公式

    査定で値段が付くかどうかをあまり自分で判断しないほうが良いですが、もうこれは確実にタウでは買い取ってもらえないだろうし、一括査定に出すのも電話が掛かってくるのが煩わしい、という場合は、事故車・廃車手続き完全無料の「ハイシャル」を使うと便利。100%お金がかかりません。 査定がしっかりついた事例もたくさんあるので、ここも一緒に活用してみるのもあり。

    ハイシャル - 車買取専門店



    どの業者を選べば良いか?
    ※一括査定については著者も経験済み。本当におすすめなんですが、どこがいいのか超詳しくまとめているので下記も参考に。

    一括査定を使って車を売るならどれがおすすめ?人気5社で選び方比較