中古車買取相場価格を簡単に調べられるサイトはある!ただし…

相場を調べる条件が多すぎて混乱する人

相場の調べ方は幾つかある。まずこのページではその調べ方からお伝えするが、車種、地域、走行距離、マーケットの動向によって全然変わることだけは大きな前提条件だ。

そしてネット上の買取相場情報を鵜呑みにするのもNG。

「車買取相場表」とかネットで調べるといっぱいサイト出てきて、「これらのサイトで下取り査定額が調べられます」って書いてあるケース、あれ実際調べた結果を書いてる人はほぼいないと言っていいだろう。

だから当サイトでは調べた。だって気になるでしょう、結果どうなるのか。

いずれにしても、車の下取りや査定に出す前には事前に相場価格を知っておくべきだ。

事前に知らなければ、自分が今査定されている車が高いのか安いのかの判断ができない。判断基準としての買取相場はやっぱ知っておきたいところ。

ここでは注意ポイントはもちろん、実際の調べ方や業者並に計算して相場を算出できる方法を紹介する。

実際にオートオークションで働いている人に確認した「できるだけ正確に、かつ自分で算出する方法」と「ざっくりこれくらいの相場観だろう」と判断できる方法について詳細に書いているのでぜひ参考にしてほしい。

個人情報なし、匿名で調べる方法はあるけど

まずはネットで中古車買取相場価格が分かる有名なサイトを抜粋してみた。

これらのサイト、それぞれディーラーだったり大手だったりの運営サイト。

普通に考えれば信憑性がないと困るサービスサイトだ。なんせ世界のトヨタだったり日産の公式サイトだからだ。

ちなみに全部個人情報なし、匿名で調べられる。入力は該当車の情報だけだ。

①「トヨタ下取り参考価格シミュレーション」で調べる
⇒案内に従って情報を選択するだけ

②「カービュー」で調べる
⇒検索窓で自分の車種を入力後、自分の車種を探していく

③「日産下取り参考価格シミュレーション」で調べる
⇒表示された画面通りに進めていく

ほんとに使えるのコレ?実際に下取り価格を出してみた

このサイト達で実際が使えるのかどうか?ここが一番知りたいところ。

「実際出してみたらどうなるんだこれ?」というところがまず知りたいワケだ。

ということで、人気車種でそれぞれ下取り価格を知るべく情報を入力してみた。

査定車種条件①(著者が欲しかったやつ)
  • 車種:トヨタアルファード240S プライムセレクションⅡ7人乗り(無鉛レギュラーガソリン)
  • 年式:2010年
  • 走行距離:入力ナシ(←ここがクセモノ
相場価格参考サイト査定価格
トヨタシミュレーション186万円
みんカラ180万円~230万円
日産シミュレーション121.5万~173万円
査定車種条件②(著者の現行マイカー)
  • 車種:日産エルグランドハイウェイスター7人乗り(無鉛レギュラーガソリン)
  • 年式:2012年
  • 走行距離:入力ナシ
相場価格参考サイト査定価格
トヨタシミュレーション5万円
みんカラ125万円~270万円
日産シミュレーション190万円

※著者が購入したときの車両本体は150万円。下取り価格より購入価格のほうが安いってどうなんだこれ?

査定車種条件③(著者が下取りに出した旧マイカー)
  • 車種:日産エクストレイル アクシス(無鉛レギュラーガソリン)
  • 年式:2004年
  • 走行距離:入力ナシ
相場価格参考サイト査定価格
トヨタシミュレーション5万円
みんカラ20万円~40万円
日産シミュレーション参考価格なし

※著者の実売却価格は52.1万円!

いろいろやってみた結果

すごく混乱した。

混乱した理由
  1. トヨタと日産のサイトは走行距離が加味されてない
  2. ボディカラーも考慮されてない
  3. もっと細かい条件たくさんあるけど当然それらも加味されない

訳が分からない

そりゃそうです。
車の査定って物凄いたくさんの条件が重なった結果で出されるわけで、サイトだけで自分の下取り査定価格なんて分かりようがない

そして、それぞれのサイトで算出される買取相場額が全然違うため、どれを信用したら良いのか全く参考にならない。

そもそも著者の現行マイカー、エルグランドの購入価格が150万円。調べた下取り価格が190万円。

購入価格よりも下取り価格が高いって、今売ったらウチは儲かってしまうことになる。買った値段より売る値段のほうが高いとか100%ないだろう。

匿名可能な査定相場参考サイトの結論

車両ごとに条件が違いすぎるから正直全然参考にならない。そんな中でもみんカラが一番詳しく価格帯が出てくるから多少は参考になるかもしれないし、ならないかもしれない、というレベル。

ディーラー下取りの参考価格程度、といった感じだ。

実際の買取相場実績を見るだけならネットの一覧で閲覧可能

自分がこれから売ろうと思っている中古車の買取相場実績、つまり現状どれくらいで売買されているかを見るにはインターネットで「車種名+買取相場」と検索すればいくらでも出てくる。

大体の買取相場のアタリを付ける程度ならこれらサイトの売買データを見ておけばざっくり把握できる。

ただ、車って一台一台全部違うのが厄介なのだ。

走行距離、ボディカラー、オプションの有無、足回り、エンジンの状態、内装のヘタり具合、外装の傷や凹み、車検残期間、エアコンの状態などなど…

これらが全て合わさって査定士はチェックしているので、やはり一台ごとに買取査定金額も変わってくるのは必然だ。

あと追加で覚えておくべきことは、買取に来た中古車買取店の在庫の有無や得意車種、不得意車種によっても値段は大きく変わってくるという想定外でかつ重要な要素も組み合わさるのだ。

なので定性化して買取査定額を出すことは難しいと言わざるを得ないのが実情。

査定時にチェックされている項目については、現役査定士にインタビューして聞き出すことができたので記事にまとめている。

中古車買取相場の評判や口コミ

車買取の価格や下取り参考価格について、実際に体験したユーザーや業者の方と思われる口コミがあったので参考までに載せておく。

買い取り価格は市場の人気で決まります。古くても距離が多くても人気車は値段が付きます。

ランクルならいくら型が古くても値段がつくし、マニアック車もしかりです。

実際に売ろうとしている車を買取会社に見せないことには正確な価格は出せないと思います

車の傷や状態は実際に見ないと判断できません。

相場はあくまでも相場。私は買い取り相場80万の車150万で売れたよ
色々なところで査定を受けたほうが確実。

業界で勤めていた者です。ガリバーは業界内では安い印象です。

ガリバーに査定をしたお客さんもほとんど安い印象を持ってました

ディーラーの下取り価格には値引き分が回っているだけ。

オークション相場以上の価格で買い取る馬鹿な業者はいませんよ。

中古車の相場価格は基本的に業者しか入れないオートオークションの値段を元に算出されている。

逆に言うと、オークション以上の値段にはならないしオークションの値段=査定相場価格ということが言えるということ。

つまり実際に査定を受けてみないことには相場価格は分からないわけだ。メールのみ、匿名で査定とか確実に無理なのだ。

だから下記のような現象が実際起こってくる。

正確な中古車買取相場価格は業者だけが知っている世界

冒頭に紹介したサイトで調べられる価格はどこまで行っても参考値。正確な金額は実際に査定してみないと分からないのが絶対条件。

だから、

買取査定相場が50万円
↓↓↓
実際に査定に出してみたら70万円だった
↓↓↓
ところが、他の買取業者に出したら100万円で売れた可能性もあった

というのが現場で起こる。

相場よりも実際の査定額が上がった例の図解

※あくまでもイメージ。逆が起こることもあるしパターンは千差万別。

つまり、買取相場価格は分からないのではなく、「あくまでも参考にする」程度で十分ってこと。知らないよりは知っておいたほうがいいよね、というイメージで捉えておこう。

常に変動している買取相場の正確な価格を知るためには、業者だけが入れるオートオークションのリアルタイム価格を知る意外に方法がないのも事実。

ただし!実はこの下取り査定参考サイトや買取相場概算サイトなんか使わなくても、よりリアルに相場価格を調べる方法があるのだ。

オークション業者に聞いた、車買取相場をより正確に自分で調べる方法がコレ

著者が車の買い替えの時に友人のツテでオートオークションに出入りできる業者さんを通じて、欲しかった車が安く変えないかどうかを確認してもらったことがある。

で、その時に色々話を聞かせてもらったが…要点は2つ!

  • ①中古車販売ディーラーの利益率は、仕入れ値の大体15~20%!
  • ②買取業者が出せる限界買取価格はオークション相場価格の90%まで!

この2つの数字。かなり重要だ。

実際に今から下記にまとめた内容は業者さんに見てもらって、「うん、大体この通りであってるよ」とお墨付きをもらった内容なので信憑性はバッチリだ。

これから車を売却しようと思っている人、一括査定に出そうと考えている場合は知っておくと損をする確率をガツン!と下げられることになる。

では実際にどうやって調べていけばいいか。行きますよ。

ステップ1:現在売り出しされている自分の車と条件がほぼ同じ車を探す

例えば「3年落ちのプリウスで走行距離が25000km」という条件の愛車を売りたい場合。

中古車販売ポータルの大手、「グーネット」や「カーセンサー」を使って同条件の中古車を見つける。

2014年中古プリウスの実販売価格の写真

この写真のプリウス車両本体価格は税込みで159.8万円、税抜きなら159.8万円÷1.08= 1,479,630円。ですね。

(計算しやすいように端数をカットして148万円とする)

ステップ2:中古車販売ディーラーの仕入れ値を算出する

中古車販売ディーラーの利益率は15~20%なので、上記車両本体価格は少なく見積もって約15%の利益が乗っかっていることに。

つまり仕入れ値は、
148万円×85%= 約126万円

この金額が仕入れ値、つまりオークション相場に近い金額ということに。

ステップ3:買取店の限界買取価格を算出する

買取店の限界査定価格、つまり実際に私たちがこのプリウスを売りたいと思ったときの上限いっぱいの買取価格は、オークション相場価格の90%まで、

つまり126万円×90%= 113.4万円ということになる(税込みで122万円)。

オークション相場、店頭販売額、買取限界価格の図解

実査定に出す前にぜひ計算してみてね!
このプリウスを売りに出す時、上限は約税込みで122万円付近、と考えておけば、それを大幅に上回る可能性は低いけど、あまりにも安い査定見積もりを出された場合の判断基準になる!

ちょっと計算は面倒だけど、安く買い叩かれて大幅に損をすることを考えれば少しの手間。ぜひこのページをブックマークしておいてほしい。

「計算面倒くさい」というズボラな人はディーラーの利益率だけ押さえておけば分かる

超簡単に買取相場を出すためには、今売り出されている中古車はどれくらい利益が乗っかってるのかさえ分かっていれば大体の買取相場は分かるのは先述の通り。

要するに、中古車は買い取り~売出しまで約25~30%の利益が乗っかっている(買取業者+販売業者)のが前提だと知っておけば良いわけだ。

現状売り出されている価格が仮に200万円だとすると、140~150万円くらいが買取相場だなと理解できる。

ただし、カラーやグレードはもちろん、オプションの有無やキズ・へこみ、サビや内装の汚れなどの評価加算減算で金額はどんどん変わってくるので、、、

やっぱり買取相場っていうのはあくまでも目安として捉えておくべき位置づけなことは言うまでもない。ここの理解は必須だ。

「このくらいになるはずだ!」と無理な買取価格を伝えたところで通用するかと言われたらそれは無理な話でもある。

下記の点も知っておいて

車の買取金額は車種、地域、走行距離、マーケットの動向によって変わるのは誰でも分かってることだが、結構大きめの変動要素として「売却時期」がある。

価格変動は車自体の流通量によって左右されるのは、みんな日常的に目にしているはずだ。

ディーラーの「大決算市!」とか「売りつくし!」という横断幕、あと昔だと旗振って来客を促す姿も見たことがあるだろう。

ここもちょっとだけ下記で触れておこう。

車が一番高く売れる時期はいつなの?

車が高く売れるということは、それだけ中古車や新車の需要が増えている時期と繋がっていく。

特に中古車なら、売れる時期の前に仕入れて「いざ売り出し!」となった時にストック在庫がなければ商売にならない。

在庫が必要となる時期

  • 1月から3月(決算期とその前の時期)
  • 7月~9月(中間決算期とその前の時期)

車を売るならこの時期がいいとされるのは、ディーラー各社の決算月やその前の月。この時期は他の月と比べて相対的に査定価格は上がる傾向にあるのだ。

自分が売ろうと思っている時期とこの期間が重なるようであれば、査定に出してみるのは一つのおすすめポイント。

ただし、ほんとうの意味で踏まえておかないとダメなもっと大事なこと、あるんですよ。

売ろうと思ったときが一番高く売れる理由

早く売れば売るほど高く売れやすいし、ズルズルと遅くなればなるほど安くなる。当然こうなるはずだ。

なぜなら、車は言ってしまえば「生もの」と同様。鮮度が重要なのだ。時間が経てばたつほど車の価値は下がっていくからだ。

だから最適な時期は踏まえつつ、売ろうと思った時にさっさと売ってしまったほうがより高く売れる可能性もその分高くなる。

相場価格だって、時間が経つほど下がっていく。2004年の中古車買取相場価格は今は5万円でも、5年前ならもっと高かったのは言うまでもない。

さらに5年後ならもう全く値がつかない可能性はかなり高くなっているのは想像に難くない。

車を売る時期の結論!

売ろうと思ったが吉日。早めはやめの売却がオススメ。
車を売る時期についての口コミ

時間の経過で査定価格は下がっていくので早いほうがおすすめ。

手元に残る金額は時間の経過でどんどん少なくなります。

売却にあたり金額が高くなる時期はないと思われたほうがいいかと思います。

早ければ早いほうが絶対いいです。

3月末に所有していると自動車税がかかるので、業者も3月末までには売りさばきたいのが本音です。

一日でも早く売るほうが高く売れるのは間違いないです。

相場を調べることよりも大事な絶対目標は「相場よりも高く買ってもらうこと」

我々の目的はただ一つ。

如何にして相場よりも高く買い取ってもらえるか

この一点に尽きる。

これはもう、査定をどんどん繰り返して業者さんにライバル感を持ってもらうしか方法はない。

(他に方法があれば是非教えて欲しいくらいだ。)

だから、ある程度の相場観をざっくり持った上で高く売るための比較見積もりは必須、という流れになるのは当然。

「どうしても高く買い取ってほしい(売り手)」と「この車ならココまで出せる(買い手)」とのマッチングが最重要事項であることは、実際やってみてよ~く分かったほんとに。

希望額で買ってくれる業者をひたすら探してやっと見つけた売り手

そういう意味では、男女の婚活とすごく似ている市場だと感じましたよ。

買取相場価格を調べたあとに一気に査定まで持っていくには

で、最重要課題である「相場よりも高値売却」になるが、これはもう著者の経験的に言うとこれしかない。

マッチングが如何に大事とか言われてもそんな一社ずつ回ることなんて非効率すぎてやってられない。だからネットで完結できる無料サービスを企業はしっかり用意している。

当サイトで紹介している一括査定サイトは、入力後に大体の買取相場概算価格が表示されるようになっている。

例)3年落ち2万キロのプリウスの情報入力をした場合



ズバットで分かる買取相場価格の画像

こんな感じで自分の車情報入力後に相場価格も分かります

もう、ほぼ売ろうと思ってるんだよね!と考えている場合は、先に計算した相場感を掴みつつ、すぐに実際の査定も一括で受けられるので手っ取り早くておすすめ。

「だけど沢山業者が来たり電話かかってきたりして面倒くさそう」と感じる場合でも、できるだけ手間を省いて電話をカットできる方法もある。

一括査定を実際使ってみた結果、予想を超える驚異的な差額が出た

一括査定サイトの利用は完全無料で、これも大きなメリット。

そして手間を惜しまずどんどん査定に来てもらったほうがより有利な価格を引き出しやすくなるのは著者が実践して保証済みで間違いない。

我が家の場合、12年落ちエクストレイルが中古車ディーラー査定で0円査定でガッカリ。

諦めずに一括査定で出してみたら価格競争されまくって52.1万円までアップ、実際にその価格で売れていったのだ。

(実際に自分が計算して出した相場価格よりも約10万円高かった)

これはぜひ、使っておくことをおすすめする。

カーチスさんからちゃんと振り込まれた

中古車ディーラーでは「これは値段付けられないですね」と一蹴された我が家のエクストレイル(12万キロ+12年落ち)を査定してもらった結果、

0円⇒52万1千円まで価格を上げて売却成功!

※キャンペーンで更に+10万円の査定上乗せあり

※追伸:「連続電話ウザすぎてイヤ」な人にはココで解決

「一括査定がイイのは分かるんだけど、あの電話攻撃まじで困る」という声があるのも知っている。唯一のデメリットなのは確かだ。

一括査定の仕組みはそのままに、その電話連絡というデメリットを全部解決した買取査定も登場している。これはかなり画期的だ。

 

1社だけからの連絡のみ【ユーカーパック】

このユーカーパック、5000社に対して一括査定が受けられる業界最大サービスで、しかも窓口が一本化されているのでウザったい電話はたった一回のみ。
業者しか入れないオートオークションの仕組みを導入していて、売主はボーッとしてたら最高価格を業者が勝手に競って出してくれる。
「直接交渉とかまじ苦手だしやりたくない」「電話がじゃんじゃんかかってくるアレだけは勘弁」という人にはもってこいの車査定サービスだ。

超効率的に相場よりも高値売却を目指すなら、上記どっちか一つで良いのでまずは活用してみるといいだろう。

まじで驚くことになるのを事前にお伝えしておく。

無料サービスなので、万が一気に入らない値段提示しかなければ、売らなければOKだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました