キューブの買取相場を下取り査定相場と比較&高く売るための売却参考事例集

  • 最高買取価格:970,000円
  • 最安値買取価格:30,000円以下
  • 平均買取価格:427,000円

1997年の登場から直線的かつ斬新なデザインで若い世代を中心に人気を継続しているコンパクトカー。

ここでは、一括査定を使って買取専門業者に売却した事例の分析と共に、キューブを高く売るための情報について解説。

解説条件

売却が多くなる車検の時期(3年、5年、7年、それ以降(10年以上))別で、実際に売却した事例を元に分析。高く売るための情報も併せて解説。

3年落ちZ12系 1万kmを3社に査定してもらった事例

売却したキューブの情報(長野県30代男性)

売却時期:2015年5月
年式:2013年(平成25年)
グレード:15X FOUR Vセレクション
走行距離:10,000km
ボディカラー:ブラック

3社で査定比較した結果

A社B社C社
80万円88万円90万円

買取差額:10万円

3年落ちキューブの買取額としては、ほぼ最高額に近い金額で売却できた事例。

走行距離が短いのはもちろん、初回車検も切れる前で僅かに残っていたことも功を奏して高額売却結果を残せている。

コンパクトカー自体が中古車市場でも高い人気があり、条件次第では需要があるジャンルとして高く買い取ってもらいやすいのは間違いない。

ただしキューブは2017年時点でも自動ブレーキやその他先進機能を搭載していないため、最近は特に他社よりも若干低めの残価率になっている。当事例は相場から見ても成功事例と言っていいだろう。

ポイント

3社とも高額査定を付けているが、それでも差額は10万円出ていることから見ても一括査定を使ったことでメリットを更に享受できている。比較見積もりは必須で使っておきたいサービス。

その他3~4年落ちキューブの買取査定相場表

年式査定時期グレードボディカラー走行距離買取額
2016年2019年15X Vセレクションパールホワイト3万キロ61.5万円
2015年2019年15X Vセレクションブラウン8万キロ48.0万円
2014年2017年15Xグレー5万キロ38.0万円
2014年2017年15Xホワイトパール12万キロ20.7万円
2014年2017年15Xグレー5万キロ37.2万円
2012年2015年ライダー ブラックラインブラック6万キロ97.6万円
2012年2015年15Xブラウン4万キロ55.0万円

5年落ちZ12系 1.5万kmを3社に査定してもらった事例

売却したキューブの情報(大阪府40代女性)

売却時期:2015年7月
年式:2010年(平成22年)
グレード:15X FOUR パーティーレッドセレクション
走行距離:15,000km
ボディカラー:ブラウン

3社で査定比較した結果

A社B社C社
60万円70万円73万円

買取差額:13万円

親子で1台ずつキューブに乗っていた今回の事例の方、お父様が定年退職されたことをきっかけに2台乗りはもったいないし、古い方を売ろうということで一括査定を使って売却。

1ヶ月に数日しか乗らない状況だったため、5年落ちでも1.5万キロという低走行距離が評価対象に。かなり大切に乗られていたようで、ご本人曰く「新車とほぼ変わらない外観」というレベルで傷一つ無くきれいな状態だったことも高額査定に繋がった。

3社の査定で初めはB社(70万円)に売ろうと思っていたところ、後日C社より電話があり「B社さんよりも高く査定したら検討していただけますか?」との連絡が。

押しが強かったようだが、結果的に3万円アップしてC社に売却。

ポイント

一括査定を使うと、買取業者側は一括査定サービス会社に対して一定の手数料を支払っていることもあり、そして営業マンも「その月の」営業成績がかかっていることもあって結構な必死さを出してきます。逆に考えればそれだけこちらが有利に交渉を進めやすくなるということ。話を鬱陶しがるのではなく、うまく利用するのも高額査定を引き出す要因です。

その他5~6年落ちキューブの買取査定相場表

年式査定時期グレードボディカラー走行距離買取額
2014年2019年15X Vセレクションブラウン5万キロ47.3万円
2013年2019年15X FOURブラック4万キロ49.5万円
2012年2017年15Xブルー3万キロ37.0万円
2012年2017年ライダー ブラックラインブラック7万キロ19.3万円
2011年2016年15X FOUR こもれびグリーンセレクションワインレッド5千キロ50.2万円
2009年2014年15X FOURブラウン3.5万キロ37.8万円
2009年2014年15S FOURワインレッド7万キロ28.4万円

7年落ちK12系 7.5万kmを3社に査定してもらった事例

売却したキューブの情報(宮城県50代女性)

売却時期:2016年5月
年式:2009年(平成21年)
グレード:15S FOUR
走行距離:75,000km
ボディカラー:シルバー

3社で査定比較した結果

A社B社C社
24万円25万円30万円

買取差額:6万円

車検が近づいて売ろうかどうかを迷っている段階で、とりあえず一括査定にかけてどれくらいの値段になるのか、値段次第で売却したい。という考えで出したところ、走行距離的に10万円付けば良いほうかと思っていたが予想よりも高かったので売却されたとのこと。

キューブの場合7年落ち以上になると残価率が10%以下(購入時の車両本体価格×残価率=売却額)になるケースも珍しくない。

キューブの7年落ちの平均買取金額は46万円(後述で一覧あり)なので、実際は相場よりも低い結果。もし一括査定を使っていなかった場合はもっと低かった可能性がある。

ポイント

この走行距離の場合、7年落ちなら10万~20万円台の査定実績も普通に出てくるため、相場よりは高かった事例。キューブは他社と比べてデザインを重視する傾向が高いため、普通車としてはあまり乗らないカラーも多い。それでもやはりベーシックな白、黒、シルバーなどは査定額もややアップしやすくなります。

その他7~9年落ちキューブの買取査定相場表

年式査定時期グレードボディカラー走行距離買取額
2012年2019年15Xブラウン3万キロ29.1万円
2011年2019年15X インディゴ+プラズマホワイトパール6万キロ27.5万円
2010年2017年15X Mセレクションブラウン7万キロ31.0万円
2010年2017年15X Vセレクショングレー6.5万キロ21.3万円
2009年2016年15X FOUR e4WDホワイト6万キロ60.7万円
2008年2015年15Mホワイト2.5万キロ30.2万円
2005年2012年14Sホワイト2万キロ25.0万円

10年落ちZ11系 4.5万kmを5社に査定してもらった事例

売却したキューブの情報(東京都40代男性)

売却時期:2013年10月
年式:2003年(平成15年)
グレード:14S
走行距離:45,000km
ボディカラー:ホワイトパール

5社で査定比較した結果

A社B社C社D社E社
5万円10万円13万円15万円

買取差額:10万円

今回のケースでは一手間加えて一括査定をかなり有効活用されたケース。と言っても、業者の都合上自動的にスケジュールが組まれた結果でもあるのですが、非常に興味深い方法なので参考になる事例だ。

まず1社目、2社目が同じ日の別の時間帯に査定、続いて別の日に残り2社同時に査定額を出してもらった結果、最後にきた業者が最高額を提示したので売却。

ご本人のコメント。

1社目で入手した目安査定額をたたき台に、複数社と交渉することで満足する結果が得られた。複数社交渉は、1社ずつ交渉し各社の上限額を見極める方法、複数社にせーので上限額を出させてチャンピオンを決める方法、複数社を一斉に集めオークションで落札額を決める方法など色々ありそう。

著者はいつも「複数社を現場に一斉に集めてオークション見積もりしてもらう方法」を取っている。そのほうが一度で済むし、余計な駆け引き誘発を未然に防げてかつ高い見積もりが出やすいことが分かっているためだ。

ただしこの方のように、日を分けて少しずつ査定を実施してもらったほうが高くなる可能性も十分ある。

デメリットとしては、何度も業者から連絡がきて対応をしなければならないこと、徐々に査定額を上げてきつつ様子を見てくる業者が必ず現れるのでかなりウザったいと感じる点。

これが全く気にならない、という人は長期戦ありきで少しずつ交渉を重ねていくのはあり。ただしスピードを求める業者もいるので、その分取り逃がす可能性も無いとは言えないので一長一短でもある。

ちなみに5社から査定依頼が来たにも関わらず、当日1社は無断で来訪がなかったとのこと。著者の場合は未経験だが、他の口コミを見ているとちらほらそういったケースも見かける。そういうケースもあるんだと事前に知っておけば多少なりとも残念な気持ちは避けられそうだ。

ポイント

顔色を伺われつつ、何度も何度も連絡&交渉していく方法は予想以上に面倒でだんだんこっちもイヤになってきます。交渉事が好き&得意で時間が気にならない人はバラバラに呼んでみてもいいかもしれません(おすすめは全社一気に呼ぶ方法です)。

その他10年落ち以上キューブの買取査定相場表

年式査定時期グレードボディカラー走行距離買取額
2009年2019年15X Vセレクションブラウン2万キロ32.5万円
2008年2019年15X Vセレクションホワイトパール6万キロ17.8万円
2007年2017年15Mグレー3万キロ14.0万円
2001年2017年14S カガヤキエディション プラスナビHDDブルー4万キロ22.8万円
2006年2017年15Eブラック6万キロ12.3万円
2004年2016年不明シルバー4万キロ3.0万円
2003年2014年SX 70thブラック6万キロ10.0万円

経過年数別の平均売却価格

型落ち年数でどれくらいの買取額になるのか、経過年数別の平均買取額一覧が下記。

経過年数別平均売却価格

経過年数平均売却価格
3年以内850,000円
4~5年640,000円
6~7年460,000円
8~9年256,000円
10~11年80,000円
12~13年53,333円
14~15年38,750円

7年落ち以降になると買取査定額がガクンと落ちていくのが分かる。これは大体どの車でも同じだ。

査定項目は走行距離やそもそもの状態にも大きく左右されるため一括りにはできないが、走行距離と年式が大きく関わっているのは大きな目安と言える。

ちなみにモデルチェンジでハイブリッド仕様(eパワー)が搭載されれば、ガソリン車の買取相場平均は更に下がる可能性大。

車は生もの。高く売りたいならできるだけ早めに売る、というのは鉄則だ。

マル得知識

10年落ちや10万キロ以上になるとディーラー下取りでは二束三文にしかならない可能性大ですが、それでも上記10年落ち以上の事例のように10万円、20万円以上になる場合もあるので、一括査定を使ってしっかり買取業者から見積もり査定してもらうのはやはり有効な手段です。

キューブを売却した人たちの口コミや評判

2008年12月にZ12キューブXVセレクション4WDをオプション込みの総額245万で新車購入、2010年12月(4年落ち)に走行距離6000キロで下取りに出した結果、査定額は100万円でした。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

SX 1400CC H16年(6年落ち) 走行距離46,000kmで60万で買い取られた。正直高いか安いか相場がわからないが、今後下取りに出すならアップルかラビットがいいかなと思った。ガリバーは対応がかなり悪く気分が悪かった。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

ズバットを使って5年落ち2.2万キロを査定依頼、連絡がきた業者のうち、買い取り価格は80万円だという。まあまあ妥当かと思いつつ、売却した。

出典:https://www.zba.jp/

著者の実体験アドバイス

査定してもらっても高いのか安いのかって分かりませんよね。一括査定を使えば相場以下で安くなることは経験上ほぼないので、事前にこのページの平均買取価格を参考にしてもらいつつ、ちょっと人手間かけて交渉するのがベストな方法です。

買い替えと売却をより有利に進めるためのサービス2つ

乗り換えありきで車を売却する場合に使っておくと総合的にメリットを得やすいサービスを2つ紹介しておこう。

①未使用車や中古車の検索サイト

新車に乗りたいけど高くて手が出しづらい、中古車でもいいけど変な状態のものを掴まされたくない、というのが本音。

新車の場合にはどうしても値段が高くなってしまうが、新古車なら初めから安くなって新車同様で購入できるチャンス。

そういった未使用車を探せるサービスがこれ。

■goo-net(グーネット)の中古車検索
PCの場合
グーネットの未使用車検索項目図解
※サイト中段あたりに「未使用車特集!」という項目があるのでそこから検索してみて欲しい。
スマホの場合
スマホでの探し方
スマホの場合は「特集から探す」→「特集一覧を見る」→一覧の中にある。

もし新古車が見つからなかったとしても、中古車で状態の良いものも一緒に検索できる。

グーネットで新古車を検索する
中古車の情報なら【グーネット中古車】
中古車・中古車情報のことなら【グーネット中古車(Goo-net)】!中古車登録台数が豊富で検索しやすいので、あなたにピッタリな中古自動車が見つかるはず。中古車購入、中古車販売の情報も満載!中古車「あんしん、まる見え」のID車両ならこだわりがある方も更に安心して車両検索(車検索)・中古車選びができます。

そして、買取相場よりも高く売ることは、これから車を売る側としては大前提。高額売却するなら確実に使っておきたいのが一括査定だ。

②我が家でも毎回使っている一括査定

著者が売却したのは12年落ち12万キロのエクストレイル。まずミニバン専門店に持っていったところ査定は0円。

そこで諦めずに一括査定を使ったところ、驚きの52.1万円で売ることができた。

使った一括査定サイト「ズバット車買取比較」はこれから売りたいと思っているキューブの平均査定相場価格+今後どれくらい下落する可能性があるのかが瞬時に画面上で分かるというメリットがある。

キューブの平均買取相場と今後の予想価格グラフ/p>

相場データと照らし合わせて独自に価格推移が出される。

実際にズバット車買取比較の公式HPでも紹介されている買取実績でも、売る側の立場としては相当嬉しい差額が出ていることが確認できる。

/p>

買取専門店同士を競争させた結果こんなにも差額が付いています。

乗り換え車の購入前に使っておけば、事前にどれくらいの資金が手に入るのかが把握できるのはもちろん、予想以上の買取額が出ればその分グレードを上げたり、好きなオプション類を付けたりする予算にもなる。

使うと使わないとではあまりにも大きな差額がでるため、使わない手はないだろう。

カーチスさんからちゃんと振り込まれた

中古車ディーラーでは「これは値段付けられないですね」と一蹴された我が家のエクストレイル(12万キロ+12年落ち)を査定してもらった結果、

0円⇒52万1千円まで価格を上げて売却成功!

※キャンペーンで更に+10万円の査定上乗せあり

コメント

タイトルとURLをコピーしました