ノア・ノアハイブリッド買取相場を型落ち別事例と査定相場表で比較

  • 最高買取価格:2,250,000円
  • 最安値買取価格:50,000円以下
  • 平均買取価格:1,180,000円

2014年に発売されたハイブリッド車は中古車市場でも相変わらず人気。逆にそれ以前のモデルは相場価格に値ごろ感が出てきている状況。

ここでは一括査定を使ってノアを売却した人たちの事例を紹介。

解説条件

売却が多くなる車検の時期(3年、5年、7年、それ以降(10年以上))別で、実際に売却した事例を元に分析。それぞれの買取相場実績も掲載。

3年落ちZWR80系 4万kmを5社に査定してもらった事例

売却したノアの情報(30代男性)

売却時期:2017年8月
年式:2014年(平成26年)
グレード:ハイブリッド G
走行距離:40,000km
ボディカラー:シルバー

5社で査定比較した結果

A社B社C社D社E社
143万円145万円145万円148万円167.5万円

買取差額:24.5万円

5社の買取業者に査定してもらった結果、1社だけ極端に高い査定見積もりを提示してもらえた事例。

ハイブリッド G新車の車両本体価格が3,054,857円、300万円以上の車なら24万円の差額が出るのはそれほど珍しくなく、中には40万円以上の差額が出るケースも。

とはいえこのケース、3年落ちなら平均残価率は50%~60%ほどなのでほぼ相場通りの価格。買取業者もできるだけ安く買い叩きたいと思っているのが本音だ。

逆にE社が適正価格で買い取ってくれたと考えて良いだろう。

ポイント

買取業者はできるだけ安く仕入れて高く売りさばくことで利益をあげようとしています。当然ですが業者側の立場としては、初めから高値を提示してくることはなく、特に1社だけで査定してもらってもほぼ相場よりも安く査定されることがほとんど。高く売るには一括査定を使って見積もり競争させるのが必須。

その他3~4年落ちノアの買取査定相場表

年式査定時期グレードボディカラー走行距離買取額
2016年2019年Si ダブルバイビーホワイトパール5.0万キロ187.3万円
2015年2019年X ディライトプラスホワイトパール5万キロ170.0万円
2014年2017年Siホワイトパール1万キロ180.0万円
2014年2017年G 4WDホワイトパール0.5万キロ160.4万円
2014年2017年ハイブリッド Xブラック6万キロ140.3万円
2013年2017年Siブラック3.5万キロ168.4万円
2013年2017年X スペシャルエディションホワイトパール5万キロ105.0万円

5年落ちZRR75系 3万kmを4社に査定してもらった事例

売却したノアの情報(40代男性)

売却時期:2017年9月
年式:2012年(平成24年)
グレード:X スマートエディション
走行距離:30,000km
ボディカラー:ホワイトパール

4社で査定比較した結果

A社B社C社D社
89万円95万円100万円110.2万円

買取差額:21.2万円

5年落ちのXスマートエディションでは80万、90万円代でも普通にやり取りされている状況。

2014年以前なら5年落ちでもこの走行距離ならもっと高く売れているケースが沢山あるが、ハイブリッドモデルが出ている現在ではこの価格でも高値で売れたと言って良い金額。買取差額もしっかり付いている。

ポイント

逆に言うと、売り時の一つの目安として、モデルチェンジ前かどうかという判断材料もあります。特にフルモデルチェンジ前と後では売れる価格に大きな差が付きやすいため、自分が乗っているノアのニューモデル情報なども調べてから判断するのはかなり大切。

その他5~6年落ちノアの買取査定相場表

年式査定時期グレードボディカラー走行距離買取額
2014年2019年ハイブリッドGホワイトパール5.5万キロ158.5万円
2013年2019年Siブラック14万キロ48.4万円
2012年2017年X Gエディショングレー6万キロ125.6万円
2011年2017年Si 4WDグレー8万キロ110.9万円
2010年2017年X スマートエディションホワイトパール7万キロ92.0万円
2011年2017年X スマートエディショングレー5.5万キロ88.6万円
2011年2017年Xブラック14万キロ48.4万円

7年落ちZRR70系 8万kmを6社に査定してもらった事例

売却したノアの情報(60代男性)

売却時期:2015年7月
年式:2008年(平成20年)
グレード:S Gエディション
走行距離:80,000km
ボディカラー:パールホワイト

6社で査定比較した結果

A社B社C社D社E社F社
70万円70万円75万円76万円78万円100.0万円

買取差額:30.0万円

ハイブリッド車が出た後にも関わらず、大幅な差額とともに高額売却に成功したケース。

査定業者は7社と多めの来訪で、6社が70万円代という相場に近い価格を付けたにも関わらず、1社のみ100万円での提示。

著者も経験したが、一括見積もりを使って5社が来訪、他社が20万円、30万円台の見積もりを「これ以上ウチでは厳しいです…」と言いながら出している状況の中で、オートバックスカーズさんがサラッと50万円の見積書を「他社には言わないでくださいね」と言いながら軽やかに去っていったことがある。

これには本当にびっくりしたが、その後33万円の見積もりを出していたカーチスさんが粘りに粘ってオートバックスさんよりも2.1万円高い価格を提示、見事売りぬくことができた。

やってみるとわかるが、相場ってあってないようなものだなと痛感する出来事だった。

ポイント

会社としての体力や、ちょうどその車がほしいと思っていた、この状態なら高く売れる見込みがある、など各社の判断材料はさまざまですが、何れにしても一括査定を使わないことにはこういった体験はほぼできません。数を当たるほどその確率を上げることができる良い事例です。

その他7~9年落ちノアの買取査定相場表

年式査定時期グレードボディカラー走行距離買取額
2012年2019年YYシルバー1万キロ100.0万円
2011年2019年50周年記念特別仕様車 Si レイッシュホワイトパール6万キロ93.5万円
2010年2017年Siブラック6万キロ88.5万円
2010年2017年X スマートエディションブラック10万キロ77.0万円
2010年2017年X Lセレクションホワイトパール7.5万キロ68.4万円
2009年2017年Siホワイトパール10万キロ70.7万円
2008年2017年X Lセレクションブラック13万キロ32.5万円

10年落ちZRR70系 10万kmを3社に査定してもらった事例

売却したノアの情報(50代男性)

売却時期:2017年8月
年式:2007年(平成19年)
グレード:Si
走行距離:100,000km
ボディカラー:ホワイトパール

3社で査定比較した結果

A社B社C社
38万円40万円45.0万円

買取差額:7万円

10年落ちともなると流石に査定価格は下がってくる。走行距離が8万キロ以下であれば50万円以上の買取ケースもちらほら見かけるが、10万キロを超えてくるとガクンと落ちていく状況。

そんな中でも、スポーティーグレードのSiは比較的高い相場推移。

10年落ち、または10万キロを超えてくると車自体の状態や車検の有無もさることながら(ノアの場合は)グレードによっても差が開く要因に。

2006年以前の60系ノアになると、余程のことがない限り更にここから安値になっている。

ポイント

このケースの買取差額は7万円。他の事例と比較した場合は少なく感じますが、型落ち度合いや距離数が大きいほどどうしても大幅差額は見込みにくくなります。それでも、例え数万円でも差額が出れば助かりますよね。

その他10年落ち以上ノアの買取査定相場表

年式査定時期グレードボディカラー走行距離買取額
2009年2019年YYシルバー4万キロ77.5万円
2004年2017年L 4WDブラック7万キロ25.0万円
2008年2019年Siホワイトパール8万キロ43.0万円
2007年2017年Xホワイトパール9万キロ36.5万円
2006年2017年X リミテッドシルバー7万キロ34.0万円
2005年2017年Xホワイトパール8万キロ14.0万円
2004年2017年L 4WDブラック7万キロ25.0万円

経過年数別の平均売却価格

経過年数別平均売却価格

経過年数平均売却価格
3年以内2,100,000円
4~5年1,435,000円
6~7年980,000円
8~9年810,000円
10~11年370,000円
12~13年195,000円

ノアを売却、または一括査定を使った人たちの口コミや評判

(9年落ちで買取差額が62万円付いた事例で)
車の状況(状態・4WD・カーナビ等の付属品など)を評価してもらい、予想を上回る査定額を示してくれた

出典:https://kaitori.carview.co.jp/

子供が大きくなってワゴン車が必要なくなり、このまま乗り続けるか小さい車に替えようか迷っていたところ、ディーラーの下取り額よりも遥かに高額での一発提示額だったので、心が動かされ買い取りをしてもらうことに決めました。

出典:https://kaitori.carview.co.jp/

走行距離わずか2万キロの車を売却することに多少抵抗はあったが、査定士の「ハイブリッドモデルが出る前の今が売り時ですよ」とのアドバイスが効いた。売却を決めていても、いざとなると迷いが出てくることがあるが、売却額に関わる車情報を事前に助言し背中を押してくれる査定士の存在は大きいと思う。

出典:https://www.zba.jp/car-kaitori/

ノアを売る前に使っておきたい無料サービス2つ

今乗っているノアを手放す場合、またそれに伴い新しい車に買い替えたいと考えている場合は、

  1. 乗り換えの車もできるだけ安く買いたい
  2. できるだけ高く売って次の購入資金に充てたい

この2つが満たされればかなり有り難い。

そんな場合におすすめのサービスが2つ。

①これから新車(または中古車)を探す場合

乗り換える際は新車に決めている、または値引き額次第で新車にするか中古車にするか、また新車は無理なので初めから中古車で考えている、などなど…

そんな時は「未使用車」も選択肢に入れてみよう。

新車同然なのに中古車扱いの新古車がグーネットで探せる。

■goo-net(グーネット)の中古車検索
PCの場合
グーネットの未使用車検索項目図解
※サイト中段あたりに「未使用車特集!」という項目があるのでそこから検索してみて欲しい。
スマホの場合
スマホでの探し方
スマホの場合は「特集から探す」→「特集一覧を見る」→一覧の中にある。

もし新古車が見つからなかったとしても、中古車で状態の良いものも一緒に検索できる。

グーネットで新古車を検索する
中古車の情報なら【グーネット中古車】
中古車・中古車情報のことなら【グーネット中古車(Goo-net)】!中古車登録台数が豊富で検索しやすいので、あなたにピッタリな中古自動車が見つかるはず。中古車購入、中古車販売の情報も満載!中古車「あんしん、まる見え」のID車両ならこだわりがある方も更に安心して車両検索(車検索)・中古車選びができます。
②ノアの高値売却を狙うならココ

我が家でもこれまで3回使っているが、毎回大きな差額が出るため一括査定見積もりはぜひ使っておくのがおすすめ。

特にノアは安定した人気と市場での需要も高めの車種。リセールバリューも悪くないため沢山の買取店に見てもらうほど高額売却が狙いやすくなる。

我が家を例に出すと、同じSUV車種である12年落ち12万キロのエクストレイルがディーラー見積もり査定で0円、これを一括査定に出したところ、52.1万円というびっくりする価格で買い取ってもらえた。

また我が家が使ったズバット車買取比較ではノアの平均査定相場と今後どれくらい値が下がる可能性があるのかがその場の画面上で分かるというメリットもある。

ノアの平均買取相場と今後の予想価格グラフ

相場データと照らし合わせて独自に価格推移が出される。

実際にズバット車買取比較の公式HPでも紹介されている買取実績でも、売る側の立場としては相当嬉しい差額が出ている。

買取専門店同士を競争させた結果こんなにも差額が付いています。

乗り換え車の購入前に使っておけば、事前にどれくらいの資金が手に入るのかが把握できるのはもちろん、予想以上の買取額が出ればその分グレードを上げたり、ナビなど付けたかったオプション費用が捻出できたり。

新車購入の際には、最終商談武器として、「下取り査定額をコレ以上に上げてくれるなら契約しますよ」という交渉材料にも使えるだろう。

売却の際にはぜひとも活用したい優良なサービスだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました