フリード/プラス/ハイブリッドの新車値引き方法と値引き相場データ

出典:http://www.honda.co.jp/FREED/

販売価格値引き目標値引き限界額
188~267万円23万円60万円 ※1

※1:オプション含めた値引き実績値

エンジンJC08燃費実燃費※2
ガソリン車19.0km/L13~14km/L
ハイブリッド27.2km/L18~19km/L

※2:実燃費は「e-燃費」のデータから参照

通勤や送迎はもちろん、小さめのミニバンなのにいざという時は多人数乗車ができて、とても使い勝手バツグンのフリード。

趣味として買うなら5人乗りのフリード+(プラス)もあり。

ここではフリードがどうしても欲しい人のための新車値引き情報及び実際の値引き額データと、売る時のリセールバリュー実績データについて一覧でまとめているのでぜひ参考にしてみてほしい。

値引き方法手順3ステップ

ライバル競合車との競争

競合車はシエンタ。常に販売台数を競り合っていて、お互いが強く意識しているため競争相手としては一番強力。

シエンタは常に新車販売ランキングTOP10入り、販売台数も常にフリードと激しいデッドヒートを繰り広げており、フリードを一番意識しているため、シエンタとの競合効果は抜群。

同士競合

隣接県、または資本の異なるホンダカーズ店同士なら効果あり。最終的には用品値引きや下取り査定額の上乗せで決まりやすい。

オプション値引きや諸費用のカット

オプションは最高30万円の値引き実績もあり(価格コム調べ)。車庫証明や納車費用カットも必ず伝えること。

値引き相場実績データ

フリードを新車で購入した人たちがどれくらい値引きできたのか、車両本体とオプション(メーカー、ディーラー含む)の直近の値引き額一覧。

購入時期グレード車両
値引き
オプション
値引き
地域
2019年4月Gホンダセンシング20万円10万円千葉
2019年3月ハイブリッド Modulo X ホンダ センシング20万円10万円埼玉
2019年3月Gホンダセンシング15万円10万円東京
2019年1月ハイブリッドG30万円5万円三重
2018年11月ハイブリッドGホンダセンシング25万円5万円東京
2018年11月Gホンダセンシング20万円5万円栃木
2018年2月Modulo X ホンダ センシング20万円40万円福岡

出典(フリード):https://kakaku.com/

出典(ハイブリッド):https://kakaku.com/

以下、購入した人の口コミ評価↓

ホンダセンシングありということで、値段は高めですが、かなり頑張ってもらいました。ホンダの地元が近いということもあり、シエンタと競合なしでお得に買えました。

ハイブリッドとガソリンはほぼ同じオプションにし減税分を加味すると概ね20万ぐらいの価格差です。この価格差をどう考えるかがハイブリッドとガソリンの購入の分かれ目となると思います。

出典:https://kakaku.com/

車両本体だけで35万円出ているかたもいるので、値引き幅拡大傾向だ!

値引き相場のワンポイント

車両本体の値引き額は月を追うごとに拡大しているので、今なら30万円オーバーも視野に入る。

オプション用品の値引き額が意外と大きく貢献している様子が分かる。

では具体的にどのように値引き交渉を進めたらいいのか、ライバル車との競合はもちろん、下取り車の査定までアップさせる方法を駆使すれば、値引き相場を超えられるのはもちろん、フリードを限界まで安く購入することが可能になってくる。

具体的な商談の方法まで流れを詳しく解説しよう。

交渉の具体的な流れと使える手段

①まずはライバル車シエンタの見積もりを取りに行く

もしフリードが本命の場合は、まずトヨタにシエンタを見に行き、値引き含めた見積もりをもらおう(シエンタはトヨタ全店扱い)。

もし余裕があればトヨタも2店舗以上回るとより効果的。面倒だが、回った店舗数が多いほど値引き額は大きくなりやすいのも事実。

②フリードの見積もりを取りに行く

次にフリードの扱いがあるホンダカーズ店に出向いて同様に値引き含めた見積もりを取ろう。欲しいオプション値引きも忘れずに。

③ホンダカーズ店同士で競争

次は資本が違うホンダカーズ店へ。隣接県でもいい。ここで更に見積もりをゲットしよう。ホンダカーズ店を地域名でググると出てくるぞ(例:「ホンダカーズ 大田区」。

くどいですがオプション値引きもしっかり!

④2番目に高い値引き額を出したお店に再交渉しに行く

ここでのコツは「2番目に高い値引きを出したお店」。もちろんこの時は一番高い値引き額、またはオプション値引き額を出した見積もりを忘れずに持参し、この見積額を元に交渉しよう。

⑤下取り車があれば、下取り査定額も競わせる

ここが一番の山場。下取り車の徹底活用、実はここが一番大きく変わる金額。より高い下取り見積もりを出してくれるかどうかは、値引き以上に直接持ち出し金額が変わる最大の交渉ポイント。

実際は更に値引き額または下取り査定額を限界までアップさせる方法があるので後述する。

人気グレード

ハイブリッドG ホンダセンシング

G ホンダセンシング(6人乗り)が人気の理由

Honda SENSING 体感レポート

ハイブリッドGセンシングは最上級のハイブリッドEXよりも16万円安いミドルグレードで、省かれているのはサイドとカーテンエアバッグ、1列目シートヒーターやフロント周辺のガラスIRカット機能、ロールサンシェード、コンビシート、本側ステアリング、15インチアルミホイールなど。

実用性が高いものはそれほど無いのでこのグレードで十分、と判断する人が多いようだ。

もし必要であれば、セットオプションのCパッケージ、Sパッケージにまとめられているため、自分がいいと思う組み合わせを見つければOK。

両側パワースライドドアはしっかり付いてるので便利。ミニバン乗りにはこれは結構必要ではないだろうか。

人気ボディカラーTOP3

1位はやっぱりホワイトパール

順位ボディカラー
1位

ホワイトオーキッド・パール:31.0%

2位

クリスタルブラック・パール:15.2%

3位

コバルトブルー・パール:12.4%

ボディカラーのワンポイント

リセールバリューまで考えた場合は白か黒のパールを買っておくほうが高く売れやすいためおすすめ!

購入した人の口コミ評判(良い評価と悪い評価)

良い評価

走りもキビキビしてて悪くないし、燃費もかなりいい。全体的なバランスが整っているので、前に乗っていたステップワゴンよりも満足している。本当に買ってよかった。

シエンタと乗り比べてこちらにしました。ガソリン車とハイブリッドも乗り比べてみたけど、ガソリン車のほうが値段も安くてよかったのでガソリン車に。3列目も使えるレベルで十分。

先代から乗っていますがかなり良くなりました。特に外装デザインと内装、インパネ周り。我が家は3人家族なので3列目を倒すと荷物もたくさん乗るし、妻が買い物で重宝していて喜んでいます。

小さいのにシートアレンジも多彩

悪い評価

全体的には満足な車だけど、ドアミラーが縦横ともに小さすぎる。もう少し大きくして欲しい。パワーウインドウは全席オートが良かった。

センシングのせいかかなり値段が高くて、つけたかったオプションは泣く泣く我慢しました。センシングはかなり優秀ですが。金額の割にちょっと安っぽい感じも否めません。

フリードの新車はやっぱり厳しいという場合には中古車や未使用車も選択肢に

新車で購入したいけど、予算的にどうしても厳しい、という場合は中古車も視野に入れてみよう。

カーセンサーやグーネットで自分が欲しいグレードや年式を見てみれば、意外と安く手に入れられる場合も出てくる。

まずはネットで中古車相場を把握してみよう。

ただし一般ユーザーが閲覧できる中古車は市場の3割程度

実は一般的に出回っている中古車は全体の約3割と言われている。

残りの7割は、非公開車として業者間でやり取りされているという具合だ。

この非公開車両から更にお値打ちなフリードを探してくれるサービスがある。

ズバット車販売
https://www.zba.jp/car-hanbai/

中古車扱いだけど、実は未使用車(俗に言う「新古車」)もあるため、新車同等のフリードが中古価格で見つかる可能性も。

下記を見てほしい。

フリードBの未使用車

フリードBの新車車両本体(2019年7月現在)が1,880,000円なので、約30万円も安いのにこれ新車。

こういう未使用車なら全然お得ではないだろうか?

さらに下記での下取り査定を絡めるとどんどん購入費用は下げられるはずだ。

下取り車があればかなり楽に値引き交渉ができる

新車ディーラーにとって、下取り車はおまけみたいなもの。

そのままディーラーに下取りとして出しても市場の相場価格よりもかなり安く買い叩かれていることはあまり知られていない。

知っていても面倒なのでそのままディーラーに出してしまう人が未だ多いのが現状だ。

でも、買取専門業者に出すことで少なく見積もって5万円、状態によっては10万円、20万円以上の下取り差額が出ることも十分に可能。

比較見積もりするだけでこれだけの価格差が

新車値引き交渉にも使える一括査定

ディーラーは下取りを100%高く買い取ってくれないだろう。そのくせ新車は売りたい、絶対売りたいと心に固く誓っている。

でも新車の値引きはできない。

この状況さえ把握しておけば、ライバルに勝つ手段としては下取り車を高く査定せざるを得ない、というところに行き着く。

一括査定で高い見積もりさえゲットしてけば、下取り価格を買取業者、ホンダディーラー、トヨタディーラー(シエンタ)との三つ巴で競争させて交渉ができるってこと。

これを上手に活用しない手はないと言っていい。

値引き額はある程度上限が決まっているフリードでも、下取り額が上がれば、それだけ値引きアップできたことと同様の効果に。

苦しい値引き交渉や煩わしい駆け引き、心理戦を長く続けるよりも速攻で高い効果を発揮する一括査定を使ったほうが確実に時間短縮できて効率的だ。

我が家でも査定0円から52万円までアップさせることに成功した。

とはいえ、一括査定はたくさんあるのでどれがいいかわからない、という方のために、選び方の基準を超具体的に記事にまとめた。

フリード値引き購入のまとめ

  1. ライバル車シエンタとの競合は必ず行う(トヨタもできるだけ回る)
  2. 親会社の違うホンダカーズ店もできるだけ回る
  3. 新車に手が届かない場合は「なびくる」で中古車も検討してみる
  4. 下取り車ありの場合は一括査定で見積もりを取る
  5. 一括査定業者、ホンダ、トヨタの3社で下取り査定競争をさせる

フリードのオプション・アクセサリーカタログとか見ながらぜひあれこれ夢を膨らませてみてほしい^^

フリードアクセサリーカタログ

そして最後に、大幅値引きを狙うよりももっと簡単に購入予算をガクンと下げるための方法を著者からご提案だ↓

※追伸:更に下記を検討すれば大幅安で買えるぞ!
新車買うときってなんか義務のようにカーナビ付ける人がほとんどだけれども。

よく考えてみてください、「ほんとにそのナビ、要るだろうか?」

我が家ではもう付いてるカーナビ一切使っていない。スマホの無料カーナビが十分機能性が高くて使い勝手が良いからだ。

シエンタ用のホンダ純正カーナビはトヨタと違って結構割安。工賃込みで大体17.5万円

だけど付けなかったらこれもカットできるぞ?テレビが付くモニターだけあればいいのではないだろうか。

これは著者からの値引き額をグンと下げる以上に効果の高い選択提案です、ぜひ検討してみてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました