ノア・ノアハイブリッドの「新車値引き方法」+「実績相場データ」+「下取り車活用法」

新しくなったノアの外観

出典:http://toyota.jp/noah/

販売価格値引き目標値引き限界額
246~326万円30万円70万円 ※1

※1:オプション含めた値引き実績値

エンジンJC08燃費実燃費※2
ガソリン車14.8km/L8.1~12.7km/L
ハイブリッド23.8km/L16.4~20.5km/L

※2:実燃費は「e-燃費」のデータから参照

デザイン以外価格や装備面は兄弟車のヴォクシーと全く同じのノア、どちらかと言うと地味めで柔らかいイメージだった外観だったが、マイナーチェンジでフロントグリルがボディ同色になり、ヘッドランプをキリッとさせたことでかなり印象が変わった。

それでもまだヴォクシーよりも人気は下なので、販売店としてはかなり意識している様子が伺える。つまり値引きのチャンスは広がっているということだ。

これからノアの購入をする場合に具体的な値引きの方法を解説するとともに、実際に買った人がどれくらい値引きできたのか実績データも掲載。

一番のポイントは「三兄弟での競合+下取り査定競争」だ!

まずは値引き購入の流れをざっくり把握

ライバル車との競合

兄弟車競合はヴォクシー、エスクァイア、ライバル車はセレナ、ステップワゴン。

同士競合

ノアはカローラ店での取り扱いなので、経営資本の異なるカローラ店でいくつか見積もりを。資本が違うかどうかはググってHP会社概要を見れば分かるだろう。

オプション値引きと諸費用カット

オプションは最大値引き実績値で40万円が出ている。車両本体が値引きのメインだと考えている人も多いが、車両本体と同等の値引き額を引き出せたケースは多数。最後のガソリン満タンと納車費用のカット要求も忘れずに。

値引き相場実績データ

購入時期グレード車両
値引き
オプション
値引き
地域
2019年6月ハイブリッドSi W40万円5万円石川
2019年1月ハイブリッドG30万円5万円千葉
2018年11月ハイブリッドSi W×B35万円25万円愛知
2018年5月ハイブリッドSi40万円0万円愛知
2018年4月ハイブリッドSi W×B25万円5万円神奈川
2018年3月Si W×B35万円15万円埼玉

出典(ノア):https://kakaku.com/

出典(ハイブリッド):https://kakaku.com/

以下値引き購入された方の口コミ↓

総支払額342万。値引きは、計55万(本体で32万、オプションで23万)でした。予定より50万ぐらい高かったのですが、安全装備が付いていることを考えるとこんなもんかと納得させています。

10インチナビとかフル装備で400万で出されましたが、買い換え残価有り70ノアを下取りし値引き含めて支払い320万に収まり満足です

出典:https://kakaku.com/

皆さん結構景気のいい値引き実績出されているのでやはりノアはヴォクシーと比べて値引き行けそうだ。

見た目のスペックが他社に劣る今はもっともお買い得だろう。条件揃えるのは難しいが、感覚的にeパワーと比較して40~50万円?、ステップに対して30~40万円?くらい安く買える可能性大。

ライバル兄弟車のヴォクシーと比べてみると、車両本体の値引き額に大きな差は見られないが、オプション用品値引きの幅が明らかにヴォクシーよりも大きくなっている。

これはノアの人気がヴォクシーよりも低いことが理由として挙げられるだろう。

値引き相場のワンポイント

上記実績データの上から2行目、2017年8月購入の方の値引き額を見ると、オプション値引きが0円になっているが、この方は実際にオプションを50万円付けている。

車体290万、付属品50万。
少し高いかなとおもいます

出典:https://kakaku.com/

他の値引き実績から見ても、ライバル車の競争をもう少し粘り強く行うことで少なくとも5万~10万円の値引き上乗せができた可能性あり。

下記記載「商談&交渉の具体的な流れと方法」に沿ってライバル競合を是非実践してみてほしい。

では具体的にどのように値引き交渉を進めたらいいのか、ライバル車との競合はもちろん、下取り車の査定までアップさせる方法を駆使すれば、値引き相場を超えられるのはもちろん、ノアを限界まで安く購入することが可能だ。

具体的な商談の方法まで流れを詳しく解説しよう。

商談&交渉の具体的な流れと方法

①最初にライバル他社の見積もりを取ってくる

ノアが第一候補だとしても、まずはセレナとステップワゴン、エスクァイアそして対抗馬第一本命ヴォクシーの値引き込み見積もりを取ろう。

この見積もりを持って購入希望車ノアの見積もりを取ることで初めから交渉がしやすくなる。

②ノアの見積もりを取りに行く

既にライバル競合車の見積もりを取った状態で「ノアもかなり検討車として考えている」ことを営業マンに伝えよう。

もちろん欲しい付属品も一緒に。

③ノア同士で競合させる

はじめに見積もりを取りに行ったトヨタカローラ店とは異資本のカローラ店で再びノアの見積もりを取りにいく。

会社が違うことで車両本体はもちろん、オプション付属品、特にディーラーオプションで値引き額の違いが明確に。

ここは一番の大きな交渉材料になるため、他府県含めてできるだけ多くのカローラ店に足を運んで数を当たることが大切。

トヨタ同士で競合させられる期間はあと僅か?

2025年までにトヨタは全ての車種を一本化させる方針を打ち出した。

つまり、カローラ店の同士競争、トヨペット店とトヨタ店との競争なども使えなくなる可能性が高いってこと。

この方法が効くうちに使える方法は使っておきたいところ。

参考:一体何が変わるのか、トヨタが東京で4チャネル販社を統合する理由

④お店を2~3つに絞って最終交渉

本命ノアよりも高い値引き額だったり、総額でノアよりも安くなっているお店の見積もりがあればチャンス。

その見積額よりも総額で安くしてもらえる可能性を上げていく作業になるため、2~3店舗に絞って2回目以降の交渉をじっくり行なっていこう。

⑤下取り車の価格交渉

最終的に一番価格差がでやすくなるのが実はこの下取り車の査定価格。

車両本体、オプションそれぞれで値引きが限界を迎えたあとの最後のひと押しアイテムとして非常に有効的に機能する。

もちろん一番高く下取りしてくれるお店がノア販売店になるように交渉をかけよう。

商談の重要ポイント

ノア含めてライバル4車間で欲しいオプション価格、燃費、装備や機能の違いなどが交渉の大きなポイントに。

具体的に言うと下記の一覧が解りやすいだろう(分かりやすくするために車両本体の価格を合わせている)。

【交渉ポイント】ノアとライバル車との違い(ガソリン車)

項目ノアヴォクシーエスクァイアセレナステップワゴン
グレードGVGiVXスパーダ
ホンダセンシング
車両本体2,756,160円2,756,160円2,892,240円2,674,080円2,840,000円
燃費16.016.016.016.616.2
運転席側
パワースライドドア
MOPMOP標準標準標準
歩行者検知×××
SRSサイドエアバックシステムMOPMOPMOPMOP標準
リアビューカメラDOP
17,280円
DOP
17,280円
DOP
17,280円
なし標準
アラウンドビューなしなしなしMOPMOP

※MOPは「メーカーオプション」、DOPは「ディーラーオプション」の略

車両本体が近いライバル車を比較してみると、それぞれの車種が持っている強みや弱みが浮き彫りに。

交渉の過程ではこれらを商談の武器として活用できる。

「セレナでは標準のパワースライドドアがノアにも付けたいなあ。」

「ステップワゴンについているような歩行者検知とかサイドエアバックは安全性のためにも付けたい。」

「奥さんがミニバンは怖いからできればアラウンドビュー、最低でもリアカメラは付けたいって言ってるんだよね。」

また、燃費性能はガソリン車だとどの車もほぼ変わらないが、ノアをハイブリッドで考えた途端に話は変わる。

ハイブリッドGを選ぶ場合は約28万円高くなるが、セレナのハイブリッドは「S-HYBRID」で簡易モーターになるため、燃費も17.2km/Lとガソリン車とほぼ変わらない。

ここは逆に日産に対して交渉のポイントになりうる。

「ノアハイブリッドの燃費が23.8km/Lだからやっぱり日々のガソリン代は気になるし、セレナと比べて迷うところだなあ。」

そして、最大のライバル車ヴォクシーについては普通に交渉すればOK。

ノアのほうが販売台数が少ない(=人気が低い)ため、ノアの販売元カローラ店はかなり意識しているのは間違い無し。

同じトヨタでも「ライバルのヴォクシーに取られるくらいなら」と値引き幅の拡大は高確率で見込める。

エスクァイアも同様なので、最低でもこの2車種は競合させよう。効果テキメンなはずだ!

【参考データ】ノアの値引き実例

もう一件、ノアで55.1万円の値引き実例もあったのでご紹介。

ノアから55.1万円引き!
狙いはノア。トヨタA店と商談すると、いきなり40万円引き。ただしエスティマの下取り額は50万円を希望するも35万円だった。
同じくノアを扱うトヨタB店とも商談。すると、値引き+下取りは87万円。こちらはさらに10万円以上の上乗せを希望して帰宅。

夕方、トヨタA店が来訪。しかし、初回の雰囲気からすると大幅な上乗せは難しそうだ。お断りするつもりでB店との競合を伝えると、俄然、やる気を見せてきた。最終的に車両本体とメーカーオプション22万3560円/付属品63万7794円から55万604円引き、下取り額51万5220円となったので契約。良い買い物ができた。

出典:グーネット

トヨタ店2店舗のみの交渉でここまで値引き額を拡大。

特筆すべきは初回下取り額がA店で35万円だったのが、お断りをする素振りを見せた段階で51.5万、つまり下取り額が16.5万円査定アップしている点。

やっぱり値引きって交渉してなんぼの世界なのがよく分かる事例ではないだろうか。

人気グレード

ハイブリッドSi W×BⅡ(特別仕様車)

Siが売れている人気の理由は

■トヨタ 新型 ノア グレードX 実車見てきたよ☆トヨタミニバン3兄弟 マイナーチェンジで迫力満点のフロントマスクに変身!

トヨタ 新型 ノア グレードX 実車見てきたよ☆トヨタミニバン3兄弟 マイナーチェンジで迫力満点のフロントマスクに変身!TOYOTA NEW NOAH inside&outside

マイナーチェンジで最も印象を変えたのがノアの標準ボディで、ハンパー中央をグリル一体型にしたエスクァイア似のデザインが評判を上げた。

スポーティーなデザインがSiのアピールポイント。

ヴォクシー、エスクァイアともに三兄弟とも特別仕様車が人気No.1になっているため、ここはトヨタの商品企画が適切だった証拠と言えそうだ。

■実際に購入された方のレビュー動画

【特別仕様車】2019モデル トヨタ ノア Si W×Bを納車!外装、内装紹介!【モデリスタ、スパルコ】
人気ボディカラーTOP3
順位ボディカラー
1位

ホワイトパールクリスタルシャイン:46%

2位

ブラック:24%

3位

シルバーメタリック:14%

ボディカラーのワンポイント

1位、2位の白と黒はヴォクシーと同様だが、ヴォクシーの3位はブラッキッシュアゲハガラスフレーク(やや緑がかった黒)なのは、外観の違いで好みが変わっている証拠。

ノアは全体的にややおとなし目なカラーが人気。ということはリセールバリューを考えた場合も同様になるため、買い替え時にできるだけ高く売りたいことも考慮すると白か黒を選んでおくのが無難だろう。

ノアを購入した人の口コミ評判は?

良い評判

初めてのミニバン+ハイブリッドでしたが、モーターとエンジンの切り替わりは全く気が付かないほどスムーズ。乗り心地も問題なし。ハイブリッドで装備を付けていくとそれなりの値段になりましたが、もうガソリン車に戻りたいとは思えなくなりました。

アルファードとノアでどちらにしようか迷いましたが、街乗りメインで燃費も考えた場合、やっぱりノアにして大正解でした。内装も高級感があって気に入っています。

走行性能、デザイン、特に燃費(ハイブリッド)のどれをとっても満足できる車で乗っていてとても楽しいです。もう少し安かったら良かったなと思いますが、燃費重視のミニバンならノアかヴォクシーがベストではないでしょうか。

ミニバンとしての室内空間は十分。

悪い評価

妻がメインに乗っていますが、個人的には高速に乗った時の音がうるさすぎる。あと振動が伝わってきて構成も含めて乗り心地も最悪。そして高い。私は決してメインで乗らない車ですね。

このクラスのミニバンでハイブリッド?その価格出すなら、もうワンランク上のミニバン買うべきでしょって思っちゃうくらい中途半端。コスパを考えるならフリードとかシエンタ、しっかりしたミニバンならアルかヴェルのほうがいいでしょ…。と思いながら家計との相談で泣く泣くノアに(妻は全然気に入ってるみたいです)。

300万円超えの車って一昔前なら高級車扱いだったはず。なのにこの大衆車で装備あれこれ付けて300万円台中盤まで行くって時代がよくわからないけどそんなこと言っても仕方なしか。。両側パワースライドドア付けないと本当使いづらい。

高すぎて買えない?そんな場合は未使用車も探してみよう

家族も増えたしミニバンに乗りたいけど、どうせ乗るならノアやヴォクシー以上がいい、という方も多いのではないだろうか。

だけどあれこれ付けて諸費用込みだとあっという間に300万円を超えるノア、やっぱり手が出しづらくて躊躇しているケースも多いだろう?

あと30万円、できれば50万円安ければ…なんて考えている場合には、ほとんど新車なのに中古車扱いの「未使用車(新古車)」も当たってみよう。

とはいえ、自分で未使用車を探すのは困難。

下記画像を見てほしい。

ノアダブルバイビーの未使用車

走行距離0kmの特別仕様車「ダブルバイビー」の車両本体価格が2,856,600円なので「なんだ高いじゃん」に見えるのですが、アルパインの11インチ社外ナビとバックカメラがついた状態でこの値段。

トヨタのナビとバックカメラ付けると、工賃込みで33.5万円ほどするので、本来なら319万円オーバーですが、これと比較すると25万円安く新車が買える状態ということ

こういった車を探す場合に便利なサービスがある。

ズバット車販売
https://www.zba.jp/car-hanbai/

HPを見てもらえば分かる通り無料で車を探してくれるサービスで、車業界の人しか見られない非公開情報を元に、未使用車はもちろん、程度の良い中古車をオークションから直接仕入れて販売してくれる。

中古はちょっと…と考えていた人でも、価格との折り合いで、さらに思っていたよりも状態の良い車が見つかる可能性も十分にあるため、試しに一度使ってみてはいかがだろうか。

車自体にはちゃんと10年保証がついていて、気に入らなければ返品もOK。

サービス自体は無料で後々なにかの請求があるわけでもないので安心感はある(上場企業が運営しているサービス)。

値引きよりも大きな効果を生み出す下取り車の徹底活用法

値引き交渉って正直面倒くさいし、あちこち行く手間も考えると結構おざなりにしている人も多いのが実情。

ただしできるだけ安く買いたいなら値引きを踏まえた商談は必須だが、実際限界もある。

車自体、オプション自体の値引きには限界があるけど、実は下取り車には大きな可能性を秘めた最終交渉武器になることはまだ知らない人も多いハズ。

実際我が家でも販売店下取りでは0円と言われたのに、複数の買取店に査定してもらった結果、自身もびっくりの52.1万円で引き取ってもらえた。

断言できますが、ディーラー下取り査定額よりは100%高く売れるのは間違いない。

最終交渉はディーラー下取りと一括査定の一騎打ちで

ディーラーの下取りはあくまでもおまけ的存在。ディーラーで一律に決められたマニュアル(イエローブック)にもとづき、相場価格がほぼ反映されていない額で査定される。

でも買取店は全く別で、実際に現在取引されているリアルタイムのオークション相場価格を元に価格を割り出している。

さらに、一括査定を使えば買取店同士の査定価格競争になるため、確実に買取額はつり上がっていくことになる。

競わせることでこんなに価格差が出ます

で、ここが一番のポイント。買取店でもらった最高見積もりを持ってノアのディーラーに最終交渉しにいこう。

つまり、低く査定されたであろう下取り車に対して、

「この見積額よりも高く引き取ってくれるか、相応のオプションを付けてくれるならすぐ契約してもいいよ?」

という条件を提示してみよう。

ディーラーとしてはなんとしてもノアを買ってほしいと思っているため、目の前に契約がぶら下がっている状態であれば、どんな手を使ってでもこちらの条件を飲もうと努力してくれるはずだ。

万が一それが叶わなかったとしても、一括査定で出た高い見積額のところに売却すればいい話。

ノア自体の値引きだけにとらわれず、下取り車を使い倒して予想以上の価格でノアを購入することができるだろう。

我が家でも査定0円から52万円までアップさせることに成功しました。

ではその一括査定ってどこのサービスを使えば一番いいのか?という点について、選びやすいようにじっくりまとめておいた。

ノアのカタログ情報

トヨタのお店に行かなくてもWEBでカタログを見てじっくり検討できる。

ノアカタログ

特別仕様車カタログ

アクセサリー&カスタマイズカタログ

あとオーディオのカタログもあるが、こちらは著者から提案。

※追伸:純正ナビ付けなければあと20万削減可能!

トヨタの純正ナビ付けると、工賃込みで33.5万円かかることは未使用者の記事部分で紹介しましたが、これ凄くもったいない。

ナビなんて今はスマホの無料アプリで十分性能がいいものがあるのでそちらを使えば全く問題なく道に迷うことなく、何なら純正ナビよりも高性能なナビを体感できる。

モニターは必要なので社外品でテレビが映るものを付けたらよい話。

これだけで最低20万円カット。値引きに上乗せできたら更によいオプション付けたりもできよう。

ぜひご検討あれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました