ヴェルファイア/ヴェルファイアハイブリッドの新車値引き方法・相場実績・交渉手段と下取り車の活用法

ヴェルファイアのかっこいい外観に惚れ惚れする著者

出典:http://toyota.jp/vellfire/

販売価格値引き目標値引き限界額
337~735万円31万円95万円 ※1

※1:オプション含めた値引き実績値

エンジンJC08燃費実燃費※2
ガソリン車10.4km/L6.6~8.5km/L
ハイブリッド19.4km/L11.2~12.0km/L

※2:実燃費は「e-燃費」のデータから参照

ミニバンオーナーなら一度は憧れるトヨタの最上級大空間キングオブミニバン。

ただ、著者はアルファードが心から欲しいけど、ヴェルファイアはちっともほしいと思わなかった。外観がなあ、、、と思っていたのだが、最近なんかだんだんかっこよく見えてきた。

見た目の好みって、やっぱ車では大事ですよね。

燃費はもちろん、車両重量的にもハイブリッドが欲しいところだが、如何せんハイブリッド車になった途端価格が跳ね上がるため、現状ではガソリン車のほうが売れている状況。

購入した人が実際どれくらい値引きできているのか、また下取り車含めて大幅値引きをゲットするためにはどうやって交渉していくべきかをじっくり解説している。

値引き購入するための3ステップ

ライバル車との競合

トヨペット店販売のアルファードを軸に、エスティマやエルグランド、デリカD:5との競合も変化球として活用。

エルグランド

アルファード

エスティマ

オデッセイ

また、余裕があればデリカD:5も競合に組み入れるとより効果的。

同士競合

ネッツ店同士の競合。親会社の資本が変われば同じトヨタでも別会社になるためヴェルファイア同士でも値引き競争に効果あり。

オプション値引きと諸費用カット

オプションは最大40万円の値引きに成功した事例あり。グレードが上がるほど魅力的なオプションが増えて付けたくなるため、どんどん値引きを交渉しよう。もちろん最終的にはガソリン満タンや納車費用のカットも。

値引き相場実績データ

購入時期グレード車両
値引き
オプション
値引き
地域
2019年6月ZGエディション40万円20万円岐阜
2019年5月ZGエディション45万円25万円新潟
2019年1月X25万円15万円愛知
2018年12月ZGエディション25万円25万円大阪
2018年12月ZGエディション40万円5万円東京
2018年11月V35万円20万円滋賀
2018年2月ハイブリッドVLエディション25万円20万円大阪

出典:https://kakaku.com/

車両本体価格が高いだけに、他車と比べて40万~50万円の大台値引きが目立つ。

2017年の実績だと、あと5万円で大台の100万円に迫る95万円の値引きに成功(車両本体55万円、オプション40万円)した事例が。

さらに、下記の値引き体験談では面白い結果が出ている。

ヴェルファイアから36.5万円引き!

車両本体とメーカーオプション6万480円から21万5176円引き、付属品63万9252円から15万円引きの合計36万5176円引き、下取り額は81万2090円となっている。
店長「これが最終条件です。これ以上はできません」
さすがに店長さんにここまできっぱり言われると、さらなる上乗せが迫りにくい。妻に目で合図すると、うなずいた。

出典:グーネットマガジン

車両本体やオプションからの値引きは平均的だが、最初下取りに出した中古車の査定額が55万円だったのに交渉に交渉を重ねて最終的に81万円まで伸びている点、

つまり、そういうことだ。交渉していくのが如何に大切なのかっていうのがよく分かる実例。

値引き額も下取り査定額もあってないようなもんなのだ、特に初期に出してくる金額って。

値引き相場と交渉のワンポイント

上記値引き購入者の口コミでも分かる通り、意外と見逃せないポイントがオプション価格。

高級車だけにメーカー・ディーラーオプションで用意されている装備類も結構な高額になってくる。

車両本体の値引きには限界があっても、オプションなら改めて交渉テーブルにつくことも可能なため、積極的にオプション価格の値引き交渉も行なおう。

あとはこんな値引き結果報告もあった。

では具体的にどのように値引き交渉を進めたらいいのか、ライバル車との競合はもちろん、下取り車の査定までアップさせる方法を駆使すれば、値引き相場を超えられるのはもちろん、ヴェルファイアを限界まで安く購入することが可能になる。

具体的な商談の方法まで流れを詳しく解説しよう。

商談の具体的な流れと交渉手段

①まずはライバル車(他社)の見積もりを取ってくる

一番の効果が見込める車種は兄弟車のアルファード、他社ではホンダオデッセイ。

エスティマ、エルグランドも同等のLクラスミニバンだが、モデル自体の古さや販売台数での差が大きいため、上記2車種よりは効果が低い場合がある。

変化球としては最近三菱が力を入れているデリカD:5。時期や地域によっては意外な効果が見込める可能性がある。

②ヴェルファイアの見積もりを取る

ライバル他社の見積もりを値引き交渉込みで取ってからヴェルファイア取り扱いのネッツ店に行くことで、「既にほかも検討している段階」ということを営業マンに伝えられる効果が。

③トヨタ同士で競合させる

商談の一番肝になるのが同士競合。ヴェルファイアを扱うネッツ店は同じ地域に資本の異なる店舗が複数存在するので、隣の市や県などにも積極的に足を運んで用品値引きも含めて交渉を。

トヨタ同士競合ができなくなる?

トヨタは2025年までに販売店で全車種を販売する方針を打ち出しており、既に東京ではスタートしている。

こうなると、トヨタの同士討ちで値引きを狙うのが難しくなる可能性が…

これを見越して購入時期も検討しておいたほうが良さそうだ。

出典:ベストカーWeb

④お店を2~3つに絞って最終交渉

ライバル車も含めて一番値引き幅が大きく、印象の良かったお店をピックアップ。特に総額でヴェルファイアよりも安い価格になっている車種があれば大きなチャンス。

⑤下取り車の価格交渉

実は一番大きな値引き効果をもたらすのがこの下取り車の価格交渉。

車両本体、メーカーオプション、ディーラーオプションにはどうしても限界幅があって上限は決まっているが、この下取り車だけは別。

交渉次第で実質値引き幅を10万、20万円、またはそれ以上の効果を得られることになるため一番の交渉材料になる重要ポイント(後述で詳しく解説)。

商談の重要ポイント

商談の中心となるのはヴェルファイア同士の競合になりますが、更に上乗せする場合にとても有効なのがライバル車競合。

例えばオデッセイハイブリッドは燃費が24.4km/Lで184馬力もあるモーターを積んでいてるため完全にヴェルファイアよりも高性能。

燃費もパワーも断然上のライバル車と比べられて、更にそれが原因で迷っているとなれば、トヨタディーラーとしても値段で差をつけるしかなくなるという具合だ。

また、同じ価格帯で比べた場合、オデッセイはハイブリッドでもヴェルファイアはガソリン車になる点も見逃せない競争ポイントに。

ヴェルファイアとオデッセイの競合ポイント

ヴェルファイアオデッセイ
グレードZA Edition 2.5HIBRID ABSOLUTE
Honda SENSING
価格375.4万円378.0万円
動力ガソリンエンジンハイブリッド
JC08燃費12.824.4
エコカー減税対象外100%免税
先進安全装備ミリ波レーダーHonda SENSING
ACCDオプション標準

上記一覧は、ヴェルファイアとオデッセイを同価格(車両本体のみ)で比較した場合に、ヴェルファイアよりもオデッセイのほうが優れているポイントをまとめたもの。

つまり、ここが交渉する際に際立つポイントになり得るってことだ。

燃費が約2倍違うオデッセイがランキングコスト的にもかなり魅力的なんだよね。

エコカー減税分で157,200円も変わるからかなりデカイよね。

ホンダセンシングは歩行者に対しても自動ブレーキ付きで、車線逸脱防止アシストもあるし安心できるよ。

そして単純に外観的な好みの部分でなどでも「ヴェルファイアも欲しいと思ってるんだよ」というニュアンスが伝わればOK。

見た目的には断然ヴェルファイアが気に入ってるんだけど、あとは他車と比べて値段だけの問題なんだよね。

またアルファードとの兄弟車競争ですが、これは外観以外全く同じ条件になるので細かい話は必要なし。

普通にお互いどれくらいの条件で出てくるのか、オプションも全部揃えて見積もりしてもらおう。

繰り返しになるが、ここでもオプション値引きで会社ごとの差が出やすくなるため、用品値引きが大きな分かれ目になるのもお忘れなきよう。

人気グレード

ZAエディション

ZAエディションが売れている人気の理由

【リクエスト】前期と後期の比較 個人的な感想です

搭載エンジンによって価格差が大きく、比較的安くて走行性能に不満もない2500ccが人気の中心。

ZAエディションは人気のエアロボディとなっていて、両側パワースライドドアや助手席のスーパーロングスライドなども装備されているので使い勝手の麺でも優れているのが人気の理由。

ハイブリッドになると車両本体だけで全グレード400万円を超えるため、価格の値ごろ感も手伝っていると考えられる。

【自動運転】レーダークルーズコントロール一高速道で使える?|ヴェルファイアハイブリット
人気ボディカラーTOP3

順位ボディカラー
1位

ホワイトパールクリスタルシャイン:50%

2位

ブラック:36%

3位

バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク:9%

ボディカラーのワンポイント

ミニバンに限らず一番人気が高いのがやっぱり白。リセールバリューまで考えると下取り価格が一番高くなりやすいのもこのカラー(価格差はあなどれないほどでる!)。

バーニングブラックは個人的に「THE・ヴェルファイア」というイメージが付いているが多分CMの影響だろう。実際には黒が一番締まっている印象だ。

購入者の口コミ評判

良い評判

はっきり言って安い買い物ではありません。オプションの幅が広くトヨタの戦略にやられて結局100万円も使ってしまいました(値引きは20万してもらいましたが)。こんな高い車を購入してもう、という感じですが、いかついマスク含めて最高に気に入ってます笑

室内空間の広さが軍を抜いていたため、5ナンバー予定が結局家族の希望もありヴェルファイアになってしまいました。3列目を跳ね上げると視界が悪くなる以外は子どもたちも喜んでいていい車だなって我ながら思います。

ガンダム?トランスフォーマー?とか言われたりしますが、見た目が現行車の中で一番惚れ込んだ要素。燃費もぐっと良くなっていて高速なら14~15行く。乗り心地もパワーも十分満足できる仕上がりではないでしょうか?

足をまっすぐ伸ばせるフルフラットの状態

悪い評価

初代から乗り継いでいるけど、セカンドシート、サードシートにもっとコストを掛けて乗る人をもてなせるようにして欲しい。そのためのミニバンなのだから。あと室内灯が異常に暗い。

オプションで利益を上げる仕組みは分かるけど、これだけの高級車なら標準でもっと満足させるようになっていて欲しい。メーカーオプションなど後付できないものがやっぱり付けておけば良かったと後悔が残るくらいに高い。

ハイブリッドの燃費が一般道でも平均15km/Lオーバー、このサイズでもこの燃費ならかなりいい数字なのは満足だけど、パワー不足感は否めない。上り坂で「ほんとに上がれる?」ってなりました。

高すぎる値段を少しでも下げるためには未使用車の検討も

ヴェルファイア欲しいけど高くて躊躇している!という方も少なくないだろう。

でもやっぱり中古よりもできれば新車が欲しいし…。というのも頷ける。

下記の画像を見てほしい。

ヴェルファイア2.5Z Gエディションの新古車

これ、まさに走行距離0kmの未使用車なのですが、ZGエディションの新車車両本体価格が4,383,720円なので、いきなり約29万円安く売られている。

新車だけど登録車両のため新古車。こんな未使用車を見つけられれば、中古車に近い価格で購入できる可能性が。

ズバット車販売
https://www.zba.jp/car-hanbai/

このサービスは市場に出回っていない状態の未使用車を探してくれたり、希望条件の中古車を探してくれたりと、私たち素人では見つけられない状態の車を無料で探してくれるというもの。

未使用車はディーラー試乗用で使われていたり、展示品扱いの車なのでほぼ新車同様だけど、中古車と同様の価格になるためかなりお得だ。

中古車でも早い段階で乗り換える人も多いため、好条件の車が安く手に入れられる可能性も高まろう。

値引き以上の効果を絶大に発揮する下取り車の徹底活用法

車両本体、オプションはどうしても値引き限界額が存在するため、超限界突破してどれだけ頑張っても100万円以上行くことはないと言い切れる。

けれどもここに下取り車の査定を掛け合わせることで、車種によっては普通に下取りしてもらうよりも+50万円アップできたりもするのだ。

冒頭でご紹介した下取り査定額が55万円→81万円まで上がっている事例にもあるように、下取り価格ってものすごい変化する。

下取り車はそのままディーラーに査定してもらって引き取ってもらう人がまだまだ多い状況だが、ここは確実に高い査定が見込める一括査定を使って買取してもらおう。

比較見積もりするだけでこれだけ変わります

一括査定の老舗「ズバット車買取比較」のデータによると、下取りした場合と比べて一括査定のほうが平均16万円高くなっているという実績も出ている。

+30万円以上も15%以上

もちろん下取り車の状態や中古車市場の動向によっても買取金額は左右するが、それでも平均買取相場価格よりもほぼ確実に高く査定してもらえるのは、著者の経験上でも間違いないといえる。

買取見積もりを持ってディーラーに最終交渉しよう!

一括査定を使って高い見積もり査定をゲットさえできれば大チャンス。

特にヴェルファイアの車両本体、オプションそれぞれの値引きで煮詰まっていた場合は大きな突破口になりえる。

営業マンだって確実に買って欲しい!と思っているし、けれども値引きが限界を迎えていてこれ以上手が打てない、というのが本音のところだろう。

その時に下取り車の査定をMAXまで持っていくために、一括査定の最高額見積もりを持っていき、

「この価格よりも高く下取りしてくれるなら、もうここで契約書に印鑑押しますよ!」

と持ちかけさえすればOK。

ほぼ間違いなく了承を得られて予想以上の好条件でヴェルファイアを購入することができる確率をぐっとあげることができるはずだ。

もし下取り車の査定交渉がうまく行かなかったとしても、一括査定で高額査定をゲットできていれば、そのまま買取店で売ってしまえばOK。

ぜひ有効活用してみてはいかがだろうか。


(ちなみに我が家の下取りとの価格差は52.1万円だった)

では一括査定ってどこのサービスを使えば一番いいのか?という点について、選びやすいように解説している。

ヴェルファイアのカタログ情報

販売店で発行しているカタログがWEBでも見られるので、行く前にじっくりあれこれ検討してみても楽しいひと時だ。

ヴェルファイアカタログ

アクセサリー&カスタマイズカタログ

さらに、オーディオカタログもあるが、これについては更に値引き額を20万円以上アップさせるのと同等の効果がある提案をしたい。

※追伸:純正ナビはもう時代遅れ!

新車買うときセットで純正ナビも付けちゃう方、多いのではないだろうか。

だけどナビって要りますかね?うちはもうスマホの無料アプリが高性能過ぎて手放せない。

ヴェルファイア用の純正ナビ付けると工賃込みで30万円オーバー。これを辞めて社外品ナビ、またはTVやDVDだけ映るモニターにするだけで20万円は浮く!

もちろんナビはスマホで十分ではないだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました