中間マージンをカットした直販方式業者を使えば、安く買えたり高く売れたりできるのか?

中古車を買う時はできるだけ安く買いたい、売る時はできるだけ高く買い取ってほしいと思うのが我々ユーザーが切に願うところ。

どこまで行ったら安くて、どこまでの基準なら高い値段なのか、その判断基準は一旦置いといて、業者さんの謳い文句でよく見るのが「中間マージンカット」という言葉。

販売店なら「直販方式(ダイレクト方式)だから安い値段で買えるのです!」とか、買取店なら「中間マージンをカットした仕組みなので高い査定を付けられます!」というのを耳にしたことがあるだろう。

でもこれってどこの業者も宣伝文句として使っているし、結局どこで売買しても一緒なのでは?という疑問が同時に湧いてくる。

中間マージン踏まえた中古車業界流通の仕組みとは

中古車は基本的にオートオークション(AA)を通じて取引されるのが一般的です。

売り元である私たちユーザーから業者は中古車を買い取る形で仕入れを行い、そこに販売価格として上乗せをしてエンドユーザーに販売をする、というのが一般的な流れ。

図解にすると下記。

オートオークションの仕組みと流れ図解

ここには利益はもちろん、沢山の販売管理費、つまりかかった経費が乗っかっているわけだ。

例えば、

  • スタッフの人件費
  • 地代家賃(店舗代)
  • オークション出品、落札、成約手数料、再出品手数料
  • 車を保管する場所代
  • メンテナンス費
  • 陸送費

などなど。。

見えないところではもっとかかっている経費があるだろう。仕入れから2次販売店へ卸す場合も考えれば、そこでの手数料も発生する。

これらに加えて、当たり前だがお店としての「利益」を取らないと経営は成り立たない。

ただ、利益が取られていようがいまいが我々には関係なく、とにかく安く買えたらいいし、高く買い取りしてもらえたら良いというのが本音。

直販方式の仕組みは

諸経費の中から一部を抜いて(中間マージンがかからない)ダイレクトに販売できるから直販方式は安く売れるんです!というのが業者側の話だが、大手中古車販売、買取店がこれを分かりやすく図解してくれている。

中古車買取の場合(T-UP)

T-UPの中古車流通の仕組み

販売店、オークション業者、買取店の利益とかかる経費、つまり中間マージンをカットできるため高く買い取りできるんだよ!ということが示されている。

そのとおりなのだろう。

また販売する場合、つまり我々が中古車を買う場合でもカーセブンさんが図解してくれている。

中古車販売の場合(カーセブン)

オートオークションを通す一般的な流れ

カーセブンさんの中古車流通の流れ

要するに、「カーセブンが買い取った車をそのまま店舗でユーザーさんに販売できるから安くできるのです」ってことが分かりやすく示されている。

これも全くそのとおりだろう。

ちなみに、ガリバーやアップル、カーチス、ラビットなどいわゆる中古車業界の大手は全部このダイレクト方式で中間マージンをカットしていることを謳っている。

とはいえ、だからと言って売るときにはT-UP、買うときにはカーセブンなど大手、という図式が成り立つかどうかはまた別問題だと思っておかなければならない。

我々ユーザー側ではどれだけ利益が乗っているのか一切分からない

私たちはエンドユーザーなので業者間でどのようなやり取りがなされているのかは当然一切見えない。

「直販方式で販売、買い取りされていたとしても、そこに乗っかっている業者の利益分は一体どれくらいなの?というのは全く分からない」ってことだ。

分かったところでクレームを入れるのも違うし、それがその会社の体制なんだし、売り手(中古車業者)とユーザー(消費者)がそれぞれ納得していれば全く問題はない。

中間マージンがないから高く売れる、ダイレクト方式だから安く買えるというのを鵜呑みにせず、複数の業者さんを当たって実際それが高いのか安いのかを比較さえすればいいわけだ。

逆に言うと、それ以外で値段の高低を推し量る方法はないし、私たちが自己責任で販売価格、買取価格それぞれが高いのか安いのかを見極める目を持っておくことが大切なだけだろう。

でも実は、中古車の売値と買値の平均的な数字、リサーチした結果で判明した。

中古車の売値と買値の話。いくらで買っていくらで売っているの?

オークションから買取までの流れと金額例

実は著者の友人でオートオークションに出入りできる方がいて、中間マージンのことについてはじっくり聞くことができた。

  • 買値:売値の約25~30%安い金額
  • 売値:買値の逆、つまり買値に最終25~30%の金額を乗せて販売

分かりやすく言うと、100万円で買取された車なら最終販売価格は125万~130万円ってことになる。

買取業者→中古車ディーラー(販売店)→エンドユーザーという流れになるので、中間業者も利益を取っている。

実際もっと高く取っている業者もいれば、もっと薄利多売で取り組んでいる会社もあるだろう。

車種によっては上記のパーセンテージが適用できないことも想像できる。高額車種ほど利益を乗せすぎてしまうし、安すぎる中古車では全然利益が取れないからだ。

これを見ていかがだろうか、「結構利益乗っかってるな?」と感じるか「そこまで大きな金額ではないかな?」と感じるかは人それぞれだが、極端に搾取しているわけではないイメージだろうか。

この利益幅を大きくすればするほど、ライバル他社に負けてしまう可能性も上がるし、販売価格も上げることでエンドユーザーにも売れない可能性が上がるため、恐らくは業者さんもギリギリ利益が出るラインで日々売買を行っていることは容易に推測できる。

買取業者さんも販売ディーラーさんも、世の中には星の数ほどあるからだ。

究極の安値仕入れ、高値売却方法は個人間売買

オートオークションには業者さんしか入れないが、もしかしたらヤフオクやその他ネットオークションで車の売買を経験した方、友人から直接譲ってもらったり、売ったりしたケースもあるかもしれない。

ヤフオクやその他ネット経由ならオークション手数料以外は中間マージンが一切かからない、まさに純粋なる直販方式が成り立っているので、いうなれば「超直販方式」。

ただ、ネットオークションの中には業者さんもいっぱいいるし、それが最安値なのか?最高値で売れるのか?は相場をしっかり把握していないと分からない。

中古車市場では競合会社同士を比較すれば高いのか安いのかスグに判断可能

中間マージンがカットされていればその分だけエンドユーザーは利益を得やすい、つまり高く売れやすいし、安く買いやすいのは事実。

だからといって、1社だけで決めてしまうとほぼ間違いなく高値掴みや売り損をしてしまう。

高額商品の代表格として不動産が挙げられるが、こちらも同様に中間マージンがたっぷり乗っかっているケースがある。

仲介業者に利益がたくさん乗せられている図式

これは中古車の売買でも同様だが、幸いにも中古車は不動産売買と比べてかなりオープンな市場のため、比較対象として得られる情報が抜群に高い。

カーセンサーやGooなど大手ポータルサイトには日々中古車の情報がアップされているし、一括査定を使えばどこが高く買い取ってくれるのかも一気にすぐに分かる。

できるだけたくさんの情報を仕入れることさえ心がければ、極端に損をするような事態は簡単に避けられるのが中古車市場であるのは間違いない。

中古車を売るとき実感できる大きな査定差額

買う場合も売る場合でも、特に金額差が目の前で顕著に現れやすいのが「中古車を売る時」と言える。

これは一括査定を使ったことがある人なら実感しているはず。数十万単位の査定差額が出ることは日常茶飯事で行われているからだ。

著者の直近の愛車売却でも「こっちの業者は20万円の買取額なのに、あっちの業者は50万円の買取額になった」という状況がリアルタイムで体験できた。

業者数を増やして比較すればするほどその価格差は顕著に出るため、売り手としては凄まじい効果を実感できるし、交渉次第で数万円動くこともザラに起こる。

これらは全て市場競争が生み出す価格差だが、欲しいと手を挙げる買い手が多ければ多いほど値段が吊り上がっていくのは当然の状況とも言える。

ネットオークションで落札した人とできなかった人の様子

ネットオークションで体験した方も多いのではないでしょうか?

中古車売買の際に使えるサイト

中古車を買うとき、売るときそれぞれでしっかり価格を比較した上で安いのか高いのかを見極めることが重要という話をしてきた。

何度もあちこちの業者に足を運んだり連絡をとりまくったり、、、好きな人は全然やったほうがよいが、買う時、売る時にネットを使ってより効率的に売買できる方法を最後に紹介しておきます。

買う時

ズバット車販売:https://www.zba.jp/car-hanbai/

上記サイトは「車お探しサービス」といって、希望条件の中古車を探してくれるサービス。

カーセンサーなど大手ポータルを見るのも大事ですが、実際に我々一般人が見れる情報は全体の約3割程度とされている。

つまりおいしい情報や格安状態の車両については非公開となっているということ。それらは業者間でやり取りされる。これも当然といえば当然。

そんな非公開情報の車両のなかから探して提案してくれるのが上記の「車お探しサービス(無料)」。中には新古車(新車だけど登録車両)が見つかることもあるので、中古車を買う場合には利用してもいいだろう。

売る時

売る時はなんといっても一括査定が一押し。

著者も前回使ったときには、予想の斜め上を行く査定額で買い取られていったので、今乗っている車の頭金として活用できてすごく助かった。

12年落ち12万キロ、中古車ディーラーでは1円も査定額が付かなかった愛車を見事高額売却できた経験を下記でレポートしているので、ぜひ併せて読んでみてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました