フリードの買取相場、下取り査定相場価格一覧と相場よりも高く売ることができた売却事例

  • 最高買取価格:1,700,000円
  • 最安値買取価格:50,000円以下
  • 平均買取価格:1,020,000円

ミニバン販売台数ランキングでは上位組に定着、2017年では総合1位を獲得しており、中古車市場でもますますニーズが拡大中。相場も安定して推移。
ここでは、一括査定を使って買取専門業者に売却した事例の分析と共に、フリードを高く売るための情報について解説。

解説条件

売却が多くなる車検の時期(3年、5年、7年、それ以降(10年以上))別で、実際に売却した事例を元に分析。それぞれの買取相場実績も掲載。

3年落ちGB3系 2kmを5社に査定してもらった事例

売却したフィットの情報(30代男性)

売却時期:2017年8月
年式:2014年(平成26年)
グレード:G ジャストセレクション
走行距離:20,000km
ボディカラー:シルバー

5社で査定比較した結果

A社B社C社D社E社
90万円95万円100万円100万円115万円

買取差額:25万円

実質的には2年と10ヶ月で車検が2ヶ月分残っている状態で売却した事例。
初めはディーラーに査定をお願いしたところ、80万円の見積もりだったため納得がいかず。買取店に持ち込んでも少し上乗せされたくらいだったため、ネットで情報を探した結果で一括査定に依頼。

結果、ディーラー下取り査定と比べると35万円もの差額が付き、納得して売却されたケース。

実際受けてみると分かるが、ディーラー下取りはかなり相場を下回る査定額を付けられることがほとんど。

やはり買取専門店で、しかも複数店から見積もりを取ることが大切ということが分かる事例といえる。

ちなみにGと比べてセレクションはパワースライドドア(リア左側)の装備で約24万円も高くなるため、当然Gジャストセレクションのほうが買取相場は高めだ。

ポイント

だからといってディーラー下取りは受けないほうがいいかと言えば逆。受けることで買取店との差額がしっかり把握できることや、その差額を交渉材料として新車値引きやオプションサービスなどを要求できたりするので、双方をしっかり使い分けるのがおすすめ。

その他3~4年落ちフリードの買取査定相場表

年式査定時期グレードボディカラー走行距離買取額
2015年2019年1.5 G プレミアムエディショングレー3万キロ118.3万円
2015年2018年Gエアロブラック2万キロ108.0万円
2013年2017年Gジャストセレクショングレー6万キロ68.9万円
2014年2017年G エアロブラック3万キロ133.2万円
2015年2018年Gジャストセレクションシルバー5万キロ110.0万円
2014年2017年Gブラック8万キロ73.5万円
2013年2017年Gエアロシルバー3万キロ100.0万円
2013年2017年Gジャストセレクショングレー6万キロ68.9万円

5年落ちGB3系 5万kmを4社に査定してもらった事例

売却したフリードの情報(30代女性)

売却時期:2017年10月
年式:2012年(平成24年)
グレード:G
走行距離:50,000km
ボディカラー:ホワイトパール

4社で査定比較した結果

A社B社C社D社
65万円65万円75万円78万円

買取差額:13万円

この年に発売されたモデルとしてはエアロやジャストセレクション以外に内外装を充実させてベースモデルよりも約20万円アップさせた「GH」があるが、意外と買取相場価格に差は付いていない印象。

フリードは5年経過すると、装備云々よりも走行距離や車自体の状態のほうが査定に影響を与えやすくなっている傾向にある。

Gの車両本体価格が1,698,000円なので、当事例車の残価率は約46%。相場と比較しても平均的な買取額となっているので、5年落ちフリードを売る際の目安となる数値。

ポイント

一括査定に出したことで13万円の差額がしっかり出ているため相場程度になっているが、1社だけに依頼していた場合は相場を下回った可能性大。複数業者の目に触れさせることが大切。

その他5~6年落ちフリードの買取査定相場表

年式査定時期グレードボディカラー走行距離買取額
2014年2019年1.5 G ジャストセレクションプラスホワイトパール3万キロ138.7万円
2013年2019年1.5 G ジャストセレクションブラック2万キロ95.0万円
2012年2017年GHブラック1万キロ95.0万円
2012年2017年Gエアロシルバー3万キロ86.5万円
2012年2017年Gジャストセレクションブルー5万キロ55.1万円
2011年2017年Gジャストセレクションブルー9万キロ51.7万円
2011年2017年フレックスシルバー4万キロ42.2万円

7年落ちGB3系 7万kmを2社に査定してもらった事例

売却したフリードの情報(40代男性)

売却時期:2017年9月
年式:2010年(平成22年)
グレード:Gジャストセレクション
走行距離:70,000km
ボディカラー:ブラック

2社で査定比較した結果

A社B社
40万円52.2万円

買取差額:12.2万円

これまで車の売却は全てカーチス1社で査定を受けて売却していた方が、一括査定を初めて使った事例。

以下ご本人のコメント。

紹介された2社でいい値段がつかなかったら、カーチスさんにお願いしようと思っていました。ところがガリバーさんが査定データを本部に送ったら、この車を買いたいお客様がおられるという事で、タイミングよく高値で買って頂き、非常に満足しております。

買取額的にはほぼ相場平均と同等程度だが、2社でもこれだけの差額が付いているので、もし3社以上での査定を受けられていたらあと数万円上がった可能性がある。

7年落ちで7万キロ、元々のグレードの価格が200万円を切るモデルでこの価格が付くのはフリード人気の高さと言ってもいいだろう。

ポイント

人気車種でも不人気車種でも、査定を受けること自体は完全に無料なので、可能な限り見積り依頼は行ったほうが高く売れやすくなります。別の一括査定を使ったり地元の買取店に赴いたりなど方法はいくつかあります。

その他7~9年落ちフィットの買取査定相場表

ホワイトパール

年式査定時期グレードボディカラー走行距離買取額
2012年2019年1.5 G ジャストセレクションシルバー5万キロ82.0万円
2011年2019年1.5 G ジャストセレクション4WDグレー5万キロ79.2万円
2010年2017年Gハイウェイエディションパープル4万キロ66.5万円
2010年2017年Gジャストセレクションブラック2万キロ62.5万円
2010年2017年Gジャストセレクション6万キロ46.0万円
2009年2017年フレックスエアロパープル14万キロ12.7万円
2009年2018年Giエアロホワイトパール7.5万キロ40.0万円

10年落ちGB4系 8万kmを3社に査定してもらった事例

売却したフリードの情報(50代男性)

売却時期:2018年1月
年式:2008年(平成20年)
グレード:G Lパッケージ
走行距離:100,000km
ボディカラー:シルバー

3社で査定比較した結果

A社B社C社
20万円20万円29.8万円

買取差額:9.8万円

A、B社は20万円なのにC社だけグンと高い査定額を付けて買い取っていった事例。

先の7年落ち事例でも同様だが、この事例で見ても分かるように車買取はめぐり合わせの要因がとても大きい。如何に自分の愛車を欲しいと言ってくれる業者に出逢えるかどうかなのだ。

この確率を上げられるのが一括査定の大きなメリットだ。

ポイント

反面、一括査定は申込みをした途端、買取会社から一斉に電話連絡が鳴り響くのが最大のデメリット。これが一番苦痛で二度と使いたくない!という人もいます。著者としては「電話さえ我慢すれば高額買取になる可能性大なのに」と思うのですが、ここは個人の好みやどう感じるかに寄るところが一番大きく出ますね。

その他10年落ち以上フィットの買取査定相場表

年式査定時期グレードボディカラー走行距離買取額
2009年2019年1.5 FLEX エアロブラック9万キロ31.9万円
2009年2019年1.5 G ジャストセレクションブラック10万キロ24.5万円
2008年2018年1.5 G Lパッケージグレー13万キロ15.7万円
2008年2019年1.5 G エアロ Lパッケージブラック11万キロ12.7万円

フリードを一括査定で売却した人たちの口コミや評判

少しでも多くの業者に査定してもらった方が、高く買ってくれる可能性も高まるだろうと考え、一括査定サイトを利用して5つの買取業者に査定をしてもらいました。査定の結果は、130万円が2社、135万円が1社、138万円が1社で、もう1社が最高額の140万円でした。

出典:https://www.zba.jp/car-kaitori/

査定してもらった車が壊れるまで乗るつもりでしたが、子供が大きくなり人数も増えて、荷物も増えたので手狭だなーと感じていたとこに新しいステップワゴンが出て買い換えを検討するようになった。いつも行ってるディーラーの担当がたぶん10にしかならないよー!って言うので、そんな訳がない!と思い、以前も利用させてもらったこのサイトで申込みをしました。(結果70万円の買取)

出典:https://navikuru-car.com/

いきなり電話やメールが一斉に来てびっくりしましたが、本当に売りたい場合は高く売れてよかったです。

出典:https://auto.rakuten.co.jp/

著者の体験アドバイス

一括査定は電話がウザい!という声が多いですが、それだけ欲しい業者が多いということの裏返し。ディーラー1社に持ち込むとほぼ確実に安く下取りされてしまいます。また一気に呼ぶことで手間をできるだけ省いて実査定してもらうことで、余計な駆け引きをカットしてかつ自動的に価格競争に持ち込めるため、必須で使っておきたいところです。

フリードを売る前に使っておきたい無料サービス2つ

今乗っているフリードをこれから手放したいと考えている場合、またそれに伴い新しい車への買い替えを検討している場合は、

  1. 乗り換えの車もできるだけ安く買いたい
  2. できるだけ高く売って次の購入資金に充てたい

この2つを満足できるレベルでクリアしておきたいところ。

その場合に下記サイトの利用を検討してみよう。

①未使用車や中古車の検索サイト

新車に乗りたいけど高くて手が出しづらい、中古車でもいいけど変な状態のものを掴まされたくない、というのが本音だ。

新車は買えないけど、新古車なら初めから安くなって新車同様で購入できるチャンスがある。

グーネットを使えば未使用車を自分で探すことができる

■goo-net(グーネット)の中古車検索
PCの場合
グーネットの未使用車検索項目図解
※サイト中段あたりに「未使用車特集!」という項目があるのでそこから検索してみて欲しい。
スマホの場合
スマホでの探し方
スマホの場合は「特集から探す」→「特集一覧を見る」→一覧の中にある。

もし新古車が見つからなかったとしても、中古車で状態の良いものも一緒に検索できる。

グーネットで新古車を検索する
中古車の情報なら【グーネット中古車】
中古車・中古車情報のことなら【グーネット中古車(Goo-net)】!中古車登録台数が豊富で検索しやすいので、あなたにピッタリな中古自動車が見つかるはず。中古車購入、中古車販売の情報も満載!中古車「あんしん、まる見え」のID車両ならこだわりがある方も更に安心して車両検索(車検索)・中古車選びができます。
②フリードを高く売るならココ

我が家でもこれまで3回使っていて毎回大きな差額が出るため一括査定見積もりはかなり重宝している。

特にフリードはミニバンの中でも人気が高い車種で相場価格は安定しており、状態次第で中古車市場での需要は相当なものだ。

つまり高く売れやすい可能性がしっかりあるなら、できる限り多くの買取店に見てもらうのが得策。フリードなら欲しい!と思っている買取業者は間違いなく多い。

我が家を例に出すと、12年落ち12万キロのエクストレイルがディーラー見積もり査定で0円、これを一括査定に出したところ、52.1万円。

想像以上の査定額を付けて買い取ってもらうことができた。

また我が家が使ったズバット車買取比較ではフリードの平均査定相場と今後どれくらい値が下がる可能性があるのかその場の画面上で分かるというメリットも得られる。

フリードの平均買取相場と今後の予想価格グラフ

相場データと照らし合わせて独自に価格推移が出される。

実際にズバット車買取比較の公式HPでも紹介されている買取実績でも、売る側の立場としては相当嬉しい差額が出ていることが確認できるだろう。

買取専門店同士を競争させた結果こんなにも差額が付いています。

乗り換え車の購入前に使っておけば、事前にどれくらいの資金が手に入るのかが把握できるのはもちろん、予想以上の買取額が出ればその分グレードを上げたり、ナビなど付けたかったオプション費用が捻出できたりと、高く買ってもらえるほどできることも増える。

新車購入の際には、最終商談武器として「下取り査定額をこの買取店見積もり以上の価格にしてくれるなら今スグ契約しますよ」という交渉材料にも利用可能。

ホント使ってみて毎回大きな効果を得られるいいサービスだと思っている。ぜひ利用を検討してみてはいかがだろうか。

カーチスさんからちゃんと振り込まれた

中古車ディーラーでは「これは値段付けられないですね」と一蹴された我が家のエクストレイル(12万キロ+12年落ち)を査定してもらった結果、

0円⇒52万1千円まで価格を上げて売却成功!

※キャンペーンで更に+10万円の査定上乗せあり

※フリードハイブリッドの買取相場情報はこちらで解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました