N-BOXカスタムの買取相場、下取り査定相場価格一覧と相場よりも高く売ることができた売却事例

  • 最高買取価格:1,450,000円
  • 最安値買取価格:300,000円
  • 平均買取価格:1,100,000円

Nボックスのドレスアップモデル「カスタム」は、ノーマル車よりも10~15万円高く設定してあるため、その分買取相場も平均的に高い価格で推移。
ここでは、一括査定を使って買取専門業者に売却した事例と共に、Nボックスカスタムを高く売るための情報について解説。

解説条件

売却が多くなる車検の時期(3年、5年、以降)別で、実際に売却した事例を元に分析。それぞれの買取相場実績も掲載。

3年落ちJF2系 2万kmを5社に査定してもらった事例

売却したN-BOXカスタムの情報(20代女性)

売却時期:2018年1月
年式:2015年(平成27年)
グレード:GターボLパッケージ
走行距離:20,000km
ボディカラー:ブラック

5社で査定比較した結果

A社B社C社D社E社
95万円100万円100万円105万円110万円

買取差額:15万円

発売時の最高グレードで、走行距離も2万キロと短く状態の良い車だったこともあり、比較的高値で売却成功できたケース。

ディーラー下取りにも出されていたようだが、一括査定で出た金額よりも更に安かったため、そのまま売却して次の車の購入資金として充てたとのこと。

正直この状態ならあと最低10万円は高く売れてもおかしくないのが買取相場価格だが、2017年に「ホンダセンシング」が標準装備となるモデルチェンジを行ったことがマイナス査定として大きく影響していると考えられる。

ポイント

安全装備のニーズが高まる中でのホンダ軽自動車では初のHonda SENSING搭載は結構大きな変化。このようなモデルチェンジが相場に与える影響は大きいため、売却予定の車が直近でモデルチェンジがあるかどうか、事前にチェックしておこう。

その他3~4年落ちN-BOXの買取査定相場表

年式査定時期グレードボディカラー走行距離買取額
2016年2019年G ターボ Lパッケージホワイトパール2万キロ105.5万円
2015年2019年G ターボLパッケージブルー4万キロ103.5万円
2015年2018年G SSパッケージブラック4万キロ110.9万円
2014年2017年G Aパッケージホワイトパール3万キロ95.4万円
2014年2017年G Aパッケージオレンジ7万キロ57.2万円
2013年2017年G ターボ SSパッケージワイン4万キロ107.0万円
2013年2017年Gブラック15万キロ35.3万円

5年落ちJF2系 5万kmを5社に査定してもらった事例

売却したN-BOXカスタムの情報(60代男性)

売却時期:2018年1月
年式:2013年(平成25年)
グレード:G特別仕様車SSパッケージ
走行距離:55,000km
ボディカラー:ブラック

5社で査定比較した結果

A社B社C社D社E社
55万円75万円75万円78万円80.0万円

買取差額:25万円

「G SS」は特別仕様車で元々のGに14インチアルミホイールが加えられたもの。金額的には相場と照らし合わせても平均的な買取額だが、何よりも買取額が25万円開いているのが際立ったケース。

55万円だとディーラー下取り並の査定価格。一括査定をやってみると分かるが、各社本当にバラバラの見積書を出してきて興味深い。

「これって数多く買取店当たったもん勝ちじゃない?」と思わせられるほど。それだけ比較見積もりすると効果がより分かる。

多少の傷があっても走行過多でも、仮に事故車扱いになる車でももちろん一括査定は受けられるし、買取額もしっかり付く。

ポイント

人気車を買うと売る時の価格、つまりリセールバリューも高いためよりお得に買い替えができます。更にたくさんの業者に見てもらうほど査定額も上がりやすいのが人気車の特徴とも言えます。

その他5~6年落ちN-BOXカスタムの買取査定相場表

年式査定時期グレードボディカラー走行距離買取額
2014年2019年G 特別仕様車SSパッケージホワイトパール4万キロ86.4万円
2013年2019年G ターボパッケージホワイトパール3万キロ92.0万円
2012年2017年G ターボ パッケージブラック3.5万キロ105.5万円
2012年2017年G Lパッケージワイン6.5万キロ65.0万円
2012年2017年G Lパッケージパープル10万キロ55.4万円
2011年2017年G Lパッケージブラック5万キロ72.2万円
2011年2017年G Lパッケージブラック4万キロ65.6万円

N-BOXカスタムを一括査定で売却した人たちの口コミや評判

査定に来て下さった担当者の対応が非常に良かったです。オプション等、車の装備を細かく気付いて頂けました。(1年落ち1万キロ以内で146万円の買取額)

出典:https://kaitori.carview.co.jp/

速攻で連絡がきて驚きました。電話の対応には疲れましたが、スムーズで便利だと思います。ビッグモーターさんに決めた理由は、変に駆け引きをされる感じではなかったからです。
他のところとは違い、交渉されてから金額を上げようというのではなく最初から真摯に提案してくれたと感じました。電話の対応も感じが良かったです。値段が高いか低いかは正直わかりませんが、ビッグモーターさんに買い取ってもらえてよかったです。

電話が鳴りすぎるので、その点を改善していただければ、他の方にも勧めたいサービスです。

出典:https://auto.rakuten.co.jp/

他社の値段を教えてもらえば合わせます的なことを言われたところもありましたが、あくまでも一発勝負でお願いしましたので、上司決済で持ち帰りの業者さんもあり翌日に回答を頂いた所も3社ほどありました。最終的には、査定をしてもらった方との話など人柄で決めたような気もします。

出典:https://www.zba.jp/

著者の体験アドバイス

一括査定のデメリットは、①電話が掛かってくる、②業者とのやり取り(駆け引き)がある、という2点。①は避けて通ることはできませんが、②は同日同時刻に一斉に呼んで査定してもらうことで回避できます。そればかりか、「せーのっ!」で見積もりを出してもらうことで、他社に負けないような査定額を出さざるをえない状況を作れます。著者はいつもこれで成功しています。

N-BOXカスタム売却前の準備はこれでOK

①乗り換え車を探す場合

新車に乗りたいけど高くて手が出しづらい、中古車でもいいけど変な状態のものを掴まされたくない、というのが本音。

新車の場合にはどうしても値段が高くなってしまうが、新古車なら初めから安くなって新車同様で購入できるチャンス。

そういった未使用車を探せるサービスが下記。

■goo-net(グーネット)の中古車検索
PCの場合
グーネットの未使用車検索項目図解
※サイト中段あたりに「未使用車特集!」という項目があるのでそこから検索してみて欲しい。
スマホの場合
スマホでの探し方
スマホの場合は「特集から探す」→「特集一覧を見る」→一覧の中にある。

もし新古車が見つからなかったとしても、中古車で状態の良いものも一緒に検索できる。

グーネットで新古車を検索する
中古車の情報なら【グーネット中古車】
中古車・中古車情報のことなら【グーネット中古車(Goo-net)】!中古車登録台数が豊富で検索しやすいので、あなたにピッタリな中古自動車が見つかるはず。中古車購入、中古車販売の情報も満載!中古車「あんしん、まる見え」のID車両ならこだわりがある方も更に安心して車両検索(車検索)・中古車選びができます。
②売却時には一括査定を有効活用しよう

我が家でも毎回使っているが、一括査定は確実に使っておいたほうが高く売れやすくなる。

新車購入時には値下げで行き詰った交渉を下取り車の価格交渉へずらすことも可能になるのでよりお得に。

ズバット車買取比較を使ったが、相場データも見られる。

Nボックスカスタムの平均買取相場と今後の予想価格グラフ

相場データと照らし合わせた価格推移がすぐ見られます。

実際に公式HPでも紹介されている買取実績でも、売る側の立場としてはかなり期待感の持てる差額が出ている。

買取専門店同士を競争させた結果こんなにも差額が出てます。

乗り換え車の購入前に使っておけば事前にどれくらいの資金が手に入るのかが把握できるのはもちろん、予想以上の買取額が出ればその分グレードを上げたり、ナビなど付けたかったオプション費用が捻出できたりと。

毎回使ってみて重宝している。ぜひお試しあれ。

ノーマルNボックスの買取相場はこちらで解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました